革命の哲学――1968叛乱への胎動

著者 :
  • 作品社
1.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861824159

作品紹介・あらすじ

人々の記憶の彼方に追いやられたルカーチ、サルトル、マルクス・レーニン、そして日本の思想家たち。全学連・全共闘運動のバイブル『叛乱論』の著者が描く"忘れられた"思想史。60年安保闘争から、1968年世界革命、70年代全共闘運動まで、反抗と叛逆の時代の主題「革命」を思想として歴史に位置づける。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 68年を通過した人間にとってはとても面白い。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1937年生まれ。東京大学理学部卒業。東京大学物性研究所、東北大学医学部、東京都老人総合研究所、東北文化学園大学に勤務。評論家。主な著書に、『叛乱の六〇年代』(論創社)、『共同体の救済と病理』『革命の哲学』(以上、作品社)、『リアルの行方』(海鳥社)などがある。

「2018年 『摂政九条兼実の乱世 『玉葉』をよむ』 で使われていた紹介文から引用しています。」

長崎浩の作品

ツイートする