カール・シュミット入門講義

著者 :
  • 作品社
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 91
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (496ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861824265

作品紹介・あらすじ

21世紀最も重要、かつ"危ない"思想家の主要著作と原文を徹底読解し、"危うく"理解され続けるキーターム「決断主義」、「敵/味方」、「例外状態」などを、その思想の背景にある彼が生きた時代と独特な世界観を探りながら、丁寧に解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 長くナチスの桂冠法学者とみなされながらも、現代ではポストモダン左派の思想家たちに多大なインパクトを与えつづけているシュミットの思想について、著者がおこなった講義をまとめた本です。とりあげられているのは『政治的ロマン主義』『政治神学』『政治的なものの概念』『陸と海と―世界史的一考察』で、じっさいにこれらの著作の文章を読みながら、ときにドイツ語の解説にまで立ち入ってくわしい説明がおこなわれています。

    とくに『政治的ロマン主義』は、ドイツ思想史の知識がなければ読み解くことのむずかしい内容ですが、ドイツロマン主義の研究から研究者としてのキャリアをスタートさせた著者が、ていねいな注釈をおこなっており、たいへん勉強になりました。また、著者はこれまでさまざまな著作を通して、難解な現代思想についてのクリアカットな解説を示してきましたが、本書でもシャンタル・ムフやジョルジョ・アガンベンらによるシュミットの受容についてわかりやすい説明がなされており、シュミットを取り巻く現在の思想状況についても概観を得ることができます。

  • 岐阜県図書館のページ
    https://www.library.pref.gifu.lg.jp/cgi-bin/Sopcsvis.sh?p_mode=1&kgrn=0&tso=on&idx=1&g_mode=0&ksno=20476047
    書評掲載紙:13/04/14 朝日新聞

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1963年、広島県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究博士課程修了(学術博士)。現在、金沢大学法学類教授。文学や政治、法、歴史などの領域で、アクチュアリティの高い言論活動を展開している。著書に『「不自由」論』『お金に「正しさ」はあるのか』(以上、ちくま新書)、『日本とドイツ 二つの全体主義』(光文社新書)、『集中講義!アメリカの現代思想』(NHKブックス)、『カール・シュミット入門講義』(作品社)、『精神論ぬきの保守主義』(新潮選書)、『今こそアーレントを読み直す』(以上、講談社現代新書)、『いまこそハイエクに学べ』(春秋社)などがある。

「2018年 『思想家ドラッカーを読む』 で使われていた紹介文から引用しています。」

仲正昌樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
ジョン・ロールズ
マックス ヴェー...
有効な右矢印 無効な右矢印

カール・シュミット入門講義を本棚に登録しているひと

ツイートする