アジア映画で〈世界〉を見る――越境する映画、グローバルな文化

  • 作品社
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861824616

作品紹介・あらすじ

われわれは映画に、映画はわれわれに、何をできるのか-。グローバリズムの中、越境し変容するアジア各国と日本の映画。「今、アジア映画を見ること」の意味を問いながら、歴史/政治/社会状況を読み解きつつ、映画/映像の可能性を探り、批評の文脈を刷新する。地図上の"世界"とわれわれの生きる現実な"世界"を、14の論考と7つの対談・座談で切り取る、画期的評論集!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 直前に2000年頃のアジア映画評論集を読み、十数年で随分変わってしまったな、と憂う。
    映画が越境するなら、人もまた然り。のはず。

  • 図書館より拝借。アピチャッボン監督に関してふれている文章のみかいつまんで読む。最近観た短編集に関しても書いてあったので、厚い本ではあるが?借りてみてよかった。

  • 資料ID:21401205
    請求記号:778.22||A
    配架場所:普通図書室

  • 映画でも遠く感じてしまう。もっと近くに、、、

    作品社のPR
    「われわれは映画に、映画はわれわれに、何をできるのか――。グローバリズムの中、越境し変容するアジア各国と日本の映画。「今、アジア映画を見ること」の意味を問いながら、歴史/政治/社会状況を読み解きつつ、映画/映像の可能性を探り、批評の文脈を刷新する。地図上の〈世界〉とわれわれの生きる現実(リアル)な〈世界〉を、14の論考と7つの対談・座談で切り取る、画期的評論集!」

全4件中 1 - 4件を表示

石坂健治の作品

ツイートする