エトワール広場/夜のロンド

制作 : 有田 英也 
  • 作品社
3.25
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (193ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861825521

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • どこまでが現実で,どこからが妄想?幻覚?非現実なのか,途中からあいまいになってくる。
    改行の少ない文章も手伝って,読んでいる間ずっと,不思議な感覚だった。
    翻訳が不可能,ないし困難といわれたのもうなずける感じ。
    できれば,原本で読んでみたい。

  • サルトルの掲げたユダヤ人とは他人がユダヤ人とみなすもののことであるという本ではっどうしようもない他律的定義は差別一般に広がりうる。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1968年、La place de l'étoile でデビュー。1978年、ゴンクール賞(Rue des boutiques obscures)、1996年、フランス文学大賞(全作品)等々。2014年、ノーベル文学賞。「その記憶の芸術で、彼は人間のもっとも捉え難い運命の全てを呼び起こし、またナチス占領期の世界を明るみに出した」と評価される。邦訳に『パリ環状通り』(講談社)、『暗いブティック通り』(講談社/白水社)、『ある青春』(白水社)、『カトリーヌとパパ』(講談社)、『イヴォンヌの香り』(集英社)、『サーカスが通る』(集英社)、『いやなことは後まわし』(パロル舎/キノブックス)、『1941 年。パリの尋ね人』(作品社)、『廃虚に咲く花』(パロル舎/キノブックス)、『八月の日曜日』(水声社)、『さびしい宝石』(作品社)、『失われた時のカフェで』(作品社)等。1945 年、オー‐ド‐セーヌ県、パリ西部に隣接するブローニュ‐ビヤンクール生まれ。

パトリック・モディアノの作品

ツイートする