〈戦後思想〉入門講義――丸山眞男と吉本隆明

著者 :
  • 作品社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861826405

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 丸山眞男の「忠誠と反逆」と、吉本隆明の『共同幻想論』を読み解き、戦後日本を代表する二人の思想家の立場を対照的に考察している本です。

    じっさいにテクストを読み解くかたちで考察が進められているので、丸山と吉本のそれぞれの立場についてまったく何も知らない状態では、議論に筋道をたどることに困難をおぼえるかもしれません。おなじ著者の『集中講義! 日本の現代思想―ポストモダンとは何だったのか』(NHKブックス)で、戦後日本思想史のおおまかな見取り図が描かれているので、そちらを先に目を通しておけば、本書の理解も深まるのではないかと思います。

    「通奏低音」という発想にもとづいてどちらかといえばペシミスティックな結論をみちびきだしたという印象をいだいていた丸山が、近代的主体性の特徴である自律的な精神の萌芽を日本思想史のなかに求めようとするなかで、武士のエートスについてくわしい分析をおこなっていることに改めて目を向けるきっかけを与えられました。

  • 東2法経図・開架 311.2A/N35s//K

全3件中 1 - 3件を表示

仲正昌樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

〈戦後思想〉入門講義――丸山眞男と吉本隆明はこんな本です

ツイートする