ヤングスキンズ

制作 : 田栗 美奈子  下林 悠治 
  • 作品社
3.75
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (304ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861826474

作品紹介・あらすじ

経済が崩壊し、人心が鬱屈したアイルランドの地方都市に暮らす無軌道な若者たちを、繊細かつ暴力的な筆致で描きだす、ニューウェイブ文学の傑作。世界が注目する新星のデビュー作!
ガーディアン・ファーストブック賞、ルーニー賞、フランク・オコナー国際短編賞受賞!

「ダグラス」と彼はまた呼んだ。「なあ、聞いてくれ。おれがガキのころ――」
 すぐそこに、泥に半分埋まった石があった。アームはなめらかでずっしりと重い卵形の石をつかみ、ファニガンのこめかみを狙って、血管が脈打つあたりに打ちつけた。石は鈍い音をたてて頭にめりこんだ。ファニガンはまばたきをして、草むらにぐにゃりと崩れおちた。
 アームはすかさずファニガンの体の下に腕を差しいれ、そのまま抱えあげた。ファニガンの体は温かく、少し痙攣しているようにも感じられた。アームが川に入り、どんどん深いほうへ進むうちに、ジーンズ越しに太ももの上まで冷たさが凍みてきた。胸を反らし、ファニガンを川の中ほどへ放りだした。ファニガンの体は水面に当たって水しぶきをあげ、たちまち流れに巻きこまれていった。(「安らかなれ、馬とともに」より)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 叩きつけるような絶望と、うっすらとした絶望なら、後者のほうがいやかも……と思わせる一冊。
    ずっと続く偏頭痛のような、気の晴れない短編集。

    「安らかなれ、馬とともに」は、主人公の息子に対する愛が、深く一途であればあるほど悲しくなる一篇。
    暴力と血にまみれた主人公と、馬と息子の清廉なイメージの対比が鮮やかな佳作。

    「私の存在を忘れてください」が、タイトルとともに断トツに好き。
    特にバーテンダーの存在すべてが謎めいていて、彼の語る戦争のエピソードとともに、この一篇を不思議で印象深いものにしている。

    この若い才能の作品をまた読みたい。

  • 確か鴻巣友季子のオススメにあがっていたので気になっていた。

    そうそう、トレスポを連想しました。

    表紙でちょっと損をしているような? 
    いや、わるいって言うんじゃなくて、ちょっとイメージが違う気がします。
    何も知らずに書店で見かけたら私はきっと手に取らないだろうなあ。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1982年カナダ生まれ。アイルランド西部のメイヨー県に育つ。2009年、ダブリンの文芸誌『スティンギング・フライ』に初めて短編が掲載。初の単著となるYoung Skins が2013年に出版されるや、たちまち注目を集め、アイルランドのみならず英国や米国においても高く評価される。2014年に本書でガーディアン・ファーストブック賞、ルーニー賞、フランク・オコナー国際短編賞などの名だたる文学賞を受賞。

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 亜紀
サンティアーゴ ...
レアード・ハント
サルバドール プ...
コルソン ホワイ...
キャサリン ダン
シャーリイ・ジャ...
アンナ カヴァン
イサベル・アジェ...
ジム・トンプスン
フランシス・ハー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする