サイバネティクス全史――人類は思考するマシンに何を夢見たのか

制作 : 松浦 俊輔 
  • 作品社
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (488ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861826528

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 知っていることは多かったけど、まあこうやってまとめてみるとその当時のASCIIってのはやっぱすごい飛ばしていたんだなあと思う。だってASCIIくらいしか情報としてなかったもんねえ。ヴァネヴァー・ブッシュとか、ザナドゥとか、FSFとか。あと初期のWIREDもすげえ面白かったな。ミッチ・ケイパーってあの表計算ソフト作ってた人だよねーとか。つまり、自分のサイバー好きとかってのは遠藤さんの影響なんだなと再確認するわけで。ひょっとしたらこれってJOIあたりもそうなんじゃないかなという気がしなくもない。サイバネティックスって最初は自動制御のことだったんだね。大学のころに自動制御の講義を受けたときはあんまりおもしろくないなーと思ったけどそれ、たぶん、教え方だね。昔はサイバネティックスと呼ばれていた。サイボーグとかあるでしょうとかそういう教え方の中にボーデ線図とか入れりゃあいいのにね。

  • カウンターカルチャーとしてのVRの話などは全く想像していなくて面白かった。

    翻訳が読みづらかった。。。

    ----
    ウィリアム・ギブスン「ニューロマンサー」
    ギリシャ語cybernan:舵を取る
    「人文系の見方ではおおざっぱに思考と言われることと、工学的には制御と通信と言われることとを、一つの見出しのもとにまとめる」
    「これは何なのか」ではなく「それは何をするか」
    世界は生物体に影響する。生物体の方も周囲の世界に影響する。(アシュビー)
    サイボーグ:Cybernetic Organism
    マシンは生きた系の二つの特色ー学習する力と生殖する力ーを獲得しかけている
    ロボットがものをつかめない→フィードバックがない
    「エイリアン2」外骨格
    ホール・アース・カタログ 1968
    ベイトソン「精神の生態学」
    木-眼-脳-筋肉-斧-打撃-木(ベイトソン)
    ビデオゲーム「スペース・ウォー」
    戦闘機コクピットの仮想空間化
    ウィリアム・ギブスン カウンターカルチャー
    VRはLSDよりも良かった
    テレディルドニクス
    サイバーソン

全2件中 1 - 2件を表示

サイバネティクス全史――人類は思考するマシンに何を夢見たのかを本棚に登録しているひと

ツイートする