東京時間旅行

著者 :
  • 作品社
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861826573

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  「パリ時間旅行」より読みあぐねた。漢字の固有名詞が頻出するせいもあるだろう。
     国立国会図書館を探訪するエッセイで、鹿島教授の身長が178センチだと判る。押し出しの強い容貌に加えて長身。フランス人と論戦しても、位負けすることはあるまい。

  • 今の風景も、懐かしくなるんだろうなぁ~
    しかし2020年にアレ本当にするの?無駄な金掛けて粗悪なモノ作って汚点を残す気なのかな、、、

    作品社のPR
    変わりつづけるこの街のあの時、あの場所へ――
    日本の近代を創った上野の博覧会、震災と空襲で郊外へ向かった文学者たち、1964年の五輪における都市大改造、古書街・神保町で過ごした思い出……
    時代とともに絶えず変貌する東京150年の歩みを、博覧強記の文学者が独自の多彩な視点でたどりなおす。
    http://www.sakuhinsha.com/nonfiction/26573.html

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

一九四九年(昭和二十四)、横浜に生まれる。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。現在、明治大学国際日本学部教授。専門は、十九世紀フランスの社会生活と文学。九一年『馬車が買いたい!』でサントリー学芸賞、九六年『子供より古書が大事と思いたい』で講談社エッセイ賞、九九年『愛書狂』でゲスナー賞、二〇〇〇年『職業別パリ風俗』で読売文学賞、〇四年『成功する読書日記』で毎日書評賞を受賞。他の著書に『ドーダの人、小林秀雄』『ドーダの人、森?外』『パリの秘密』『文学的パリガイド』『渋沢栄一』『悪の引用句辞典』『昭和怪優伝』『モンフォーコンの鼠』等がある。

「2018年 『ドーダの人、西郷隆盛』 で使われていた紹介文から引用しています。」

鹿島茂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンソニー・B・...
石原 慎太郎
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする