新版 心の消化と排出――文字通りの体験が比喩になる過程

著者 :
  • 作品社
3.67
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (320ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861826986

作品紹介・あらすじ

この世界で「割り切れない」ものと向き合うために

人は心の「未消化物」をいかに受け入れ、こなしていくのか。
精神分析学から神話・昔話研究まで、数々の知見を駆使して分析する。
日本語臨床研究・日本人論の記念碑的成果。

「割り切れない」もの、「分からない」もの、「曖昧」なもの……。母子間の育児や発達、あるいは精神科の治療の過程で、人は心の「未消化物」をいかに受け入れ、こなしていくのか。民俗神経症という視点で、「のみこむ」「腑に落ちない」「尻拭いをする」などの心身両義的な日本語表現を手がかりにして解き明かす。
フロイト、ウィニコット、クライン、ビオンなどの精神分析学から、文化人類学、言語学、日本神話・昔話研究にいたるまでの知見を駆使した考察は、臨床の場のみならず、ますます複雑化しつつある私たちの社会を考えるうえでも、きわめて重要な示唆をもたらしてくれる。
著者自ら詳細かつ豊富な註解を加えた、日本語臨床研究・日本人論の記念碑的成果。

著者プロフィール

京都府立医科大学卒業、医学博士。ロンドンのモーズレイ病院およびロンドン大学精神医学研究所で卒後研修。帰国後、北山医院(現・南青山心理相談室)院長。九州大学大学院人間環境学研究院および医学研究院教授、国際基督教大学客員教授、白鴎大学副学長を経て、現在、北山精神分析室で個人開業。

九州大学名誉教授、白鷗大学名誉教授。前日本精神分析協会会長、元日本精神分析学会会長。国際精神分析協会正会員。

主な著書:『悲劇の発生論』『錯覚と脱錯覚』『幻滅論』『劇的な精神分析入門』『覆いをとること・つくること』『最後の授業』『評価の分かれるところに』『意味としての心』『定版 見るなの禁止』ほか多数。

ミュージシャンや作詞家としての活動でも知られる。

「2021年 『コロナと精神分析的臨床』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北山修の作品

ツイートする
×