脱・道路の時代

著者 :
  • コモンズ
4.00
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 7
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (228ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861870385

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  美濃部くんに、LRTって採算がとれないんじゃないか、とFBで書いたら、上岡先生の本を読んで勉強してくださいと言われて購入した本。

     たぶん、美濃部くんは別の本をいっていたのだと思う。

     道路特定財源がある時代の本だが、おもしろい。

    (1)交通量推計は、マニュアルにそっているというだけでいいかげんなものがおおい。

    (2)渋滞しているからといって道路を増やす場合の自動車交通の誘発効果が意外と大きい。

    (3)道路渋滞が減るから低炭素化につながるというのは、逆のケースも多い。

     特に、最初の交通量推計とか、費用対効果分析とか役所のマニュアルに沿っていますといってコンサルタントのブラックボックスになっているが、ちゃんとチェックできる能力をつけたいと思う。

     しかし、先日、遠野市にいって、廃校した中学校の維持管理を民間に任せて維持管理費を浮かせる話をしていたあとに、国と県が道路がつくってくれていて助かるという話が市長からでてきたのには面くらった。道路のニーズって無限にあるのかな。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1953年 東京都生まれ
環境経済研究所 代表
1977年 早稲田大学大学院修士課程修了
技術士(化学部門)
1977年~2000年 化学プラントの設計・安全性評価に従事
2002年より法政大学非常勤講師(環境政策)
2004年 国立市「自転車の似合うまちづくり委員会」委員
2006年~18年 交通エコロジー・モビリティ財団「環境的に持続可能な交通(EST)普及推進委員会」委員
著書『クルマの不経済学』(北斗出版、1996年)、『持続可能な交通へ─シナリオ・政策・運動』(緑風出版、2003年)、『市民のための道路学』(緑風出版、2004年)、『脱・道路の時代』(コモンズ、2007年)、『高速無料化が日本を壊す』(コモンズ、2010年)、『鉄道は誰のものか』(緑風出版、2016年)、『JRに未来はあるか』(同、2017年)など

「2019年 『自動運転の幻想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

上岡直見の作品

脱・道路の時代を本棚に登録しているひと

ツイートする