料理研究家のつくりかた

著者 :
  • 白夜書房
3.21
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 31
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (195ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861912795

作品紹介・あらすじ

料理研究家が大切にしているのは、普段の食事。毎日のごはんと日々の仕事が料理研究家をつくるから。平野由希子は、旅先でもつくりかたを仕入れる。もっと料理がうまくなるために。平野由希子、初のエッセイ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 著者のルクルーゼのレシピ本から、本当にお鍋や料理、素材に対する愛情を感じていたので、著者自身に興味をもちこのエッセイを読みました。
    著者のレシピに乗っているお料理と同じように、飾らず、ストレートで正直な人柄がエッセイから読み取れます。
    “食べること”“料理すること”は、すてきなことで、もっと楽しんで自分も作ってみようかなという感想を持ちました。

  • レシピつきのエッセイ。
    料理研究著者の日常生活がつづられている。
    素直な感情が出ていて好感が持てる。

  • 596.049
    H-66

    2007/09

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

料理研究家。フランス料理を基礎にした、シンプルで素材の味を引き出す料理が得意。またワインソムリエの資格ももち、ワインバー「8huit.(ユイット)」やワイン焼きとり「76VIN」をプロデュースする。2016年農事功労章シュヴァリエ勲章を受賞する。自然派ワインを中心にワイン情報を紹介するサイト「wine365」(http://www.wine365.co.jp/)も主宰。

平野由希子の作品

ツイートする