内田裕也 俺は最低な奴さ

著者 :
  • 白夜書房
4.10
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 34
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (432ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861915253

作品紹介・あらすじ

内田裕也とは何なのか!?フォトセッション/内田裕也×若木信吾×井上嗣也。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • そう思ってないよ。

  • オールヌードとなった写真には驚いたが、中身は約400ページを飽きることなく読ませる素晴らしい内容。
    内田裕也氏を慕う近田春夫氏の労作にしてインタビュアーとしての代表作であることは間違いない。
    自らの出生から現在に至るまでの道のりをほぼ網羅して語った内容となっている。関西出身というのが意外。
    私自身は内田氏に対して大きな興味を持っていた人間ではなかったのだが、このインタビューは非常に楽しく読めた。
    フラワー・トラベリング・バンド、「戦場のメリークリスマス」などなど愉快なエピソードが多数。
    この本を読み、内田氏語るところのテーマである“ロックンロール”と“リベンジ”がぶれていなかったことを賞賛の念を抱きました。
    (笑) の表記がないのもいいですね。

  • 裕也氏が好きな人にとっては、一気読みできるスピーディーなロケンロールな内容で、思わずくすっとしてしまうナイスな読み物になっています。
    興味のない人にとっては、3,000円をドブに捨てたようなものとなります。
    読者を選ぶバクチ的な本。

  • 2010.02.07 日本経済新聞に掲載されました。

全4件中 1 - 4件を表示

内田裕也の作品

ツイートする