蒼の風景

著者 :
  • アートン
2.89
  • (0)
  • (1)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (292ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861930652

作品紹介・あらすじ

あちらが夢で、こちらが現実だなんて、いったい誰がきめたのだろう-記憶を辿ると、埋もれていたもうひとつの世界がみえてくる。心地よくて懐かしい、そして少し不思議な物語。中上紀、最新短編集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 現実と幻想のあわいを、ためらうことなくすり抜ける。読む者は言葉の軌道に沿ってその瞬間移動のような体験を追従する。頂点からトロッコがすべり落ちるような感覚が頭の奥の方で再現される。言ってみれば、それがこの本の一番の魅力であるかと思う。異空間を自由に行き来する様が描かれること、そのこと自体は不思議と受け入れられる。

    しかし一方で受け入れがたく感じている気分も徐々に募ってくる。それが最初は何だかよく解らないのだが、やがて現実の世界の中にある主人公の煮え切らない思いがその拒絶の根にあるものなのだ、と、そう気づいてしまう。すると夢と現の間を行き来する行為が、心の自由さではなく逃避としか映らなくなる。そこに徐々に不満がわく。

    現実はもっとどろどろとした理不尽なことで満ちている。その粘性の高い空間を人はなんとか身をねじりながら進んでいかなかければならない。泥は嫌でも身体のあちこちに張りついてくる。それをこすり落とそうとしてもこすり落とす手が既に泥まみれだ。しかしもがく内にどろどろとした空気は粘性を失う。

    しかしこの連作短篇(主人公の名前は同一であったり異なっていたりはするけれど)は、そのどろどろした現実の予兆に満ち満ちていながらも、粘性の高いところへ入って行くことはない。するりと別の空間へ移動する。それはひょっとすると別の人格となって現実の辛さを回避する多重人格的なものに似た精神の作用なのかと訝しむ。

    しかしそれを心地よく受け止めてしまう精神も人の中には巣食っている。そこをくすぐる何かがこの文章にはある。しかしそれに甘んじてはならない、という声が頭の奥の方から終始聞こえてくる。何かが頭の中で勝手に飽和する。

  • 中上紀さん。

  • 理想と現実、架空と現実、夢想と現実。
    入り混じりの世界観。

全3件中 1 - 3件を表示

中上紀の作品

蒼の風景を本棚に登録しているひと

ツイートする