ほーら、これでいい!―リベリア民話 (アジア・アフリカ絵本シリーズ―アフリカ)

制作 : ジュリー パシュキス  Won‐Ldy Paye  Julie Paschkis  Margaret H. Lippert  さくま ゆみこ 
  • アートン
3.64
  • (3)
  • (3)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (35ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861930669

作品紹介・あらすじ

むかしむかし、あたまはひとりぼっちでした。あたまには足も腕も胴体もなく、ごろごろ転がってうごくしかありません。そんなある日、あたまは腕や胴体、足と出会い、みんなで一つになることに。さて、お互いどうやってくっついたらいいのでしょう?「これでどう?」「それとも、こうかな?」みんながうまくくっついたら…ほーら、これでいい!みんなで力を合わせたら…、ほら!母から子へ、大切に語り伝えてきた物語。アフリカの絵本。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人の体はよくできてると改めて感じた。
    もう少しそれぞれに感謝しよう。

  • なかなか楽しい絵本。おはなし、で語れるか?
    読み聞かせもいい。

  • アフリカ大陸のリベリア国に伝わる身体の話。
    頭と腕と足と胴体が互いに協力し合って良く熟れたおいしそうなマンゴーを手に入れる。
    「協力」は大切。身体も大切。
    4分強。

  • 奇想天外!!

  • リベリア民話

  • 体のしくみに興味津々の娘ならではのチョイス。
    朝昼晩と超ヘビロテ。
    丸いお腹がお気に入りです。
    今後、繰り返し借りることになりそうです。
    3歳7ヶ月

  • 小学校で読み聞かせしました。ウケます。

全7件中 1 - 7件を表示
ツイートする