坊ちゃん (お風呂で読む文庫 1)

著者 :
  • フロンティアニセン
3.35
  • (6)
  • (6)
  • (36)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 56
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (174ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861970016

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2012/2

  • 2012/02/11

  • これこそ『一気に読める』話だと思います。
    野だいこみたいな大人は今の世の中にも結構いると思います(笑)

  • これだけ松山をボロクソに書いてるのにもかかわらず松山ではこの小説を持てはやしまくってます。面白い。

  • 爽快。とにかく面白いので是非一読を。

  • わらけます。

  • 2006.01.20-02.02
    リズムがいい。声に出して読むと気持ちがいい。

  • 倫理的。子供には読んでもらいたい作品。
    千円札が変わったのは間違い!?

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

明治、大正時代の小説家、英文学者。1867年、江戸(東京都)に生まれる。愛媛県松山で教師をしたのち、イギリスに留学。帰国後、執筆活動を始める。『吾輩は猫である』『三四郎』『こころ』など作品多数。

「2017年 『坊っちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

坊ちゃん (お風呂で読む文庫 1)のその他の作品

夏目漱石の作品

ツイートする