我輩は猫である(中) (お風呂で読む文庫 89)

著者 :
  • フロンティアニセン
3.22
  • (2)
  • (2)
  • (13)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 23
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861970894

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文化人であろうとも、教師であろうとも、戯言は言いたくなるんだろうなあと思いました。
    でも、なかなか正面切って言ったり本にすることは出来ないから、猫に言わせてみた、みたいなね。

    そう考えると、名目上ではあるけども、個人が特定されないようにして好き勝手言ってみた感じは
    今日のブログに近い感覚なのかな、なんて思ったり。

    猫の描写が思いの外丁寧で、すごく良く観察したんだろうな、と。
    くしゃみ先生のツンデレっぷりが割とすき。 

  • 岩波文庫のものを読む。
    とてもおもしろい。
    漱石と明治の時代に惹かれる。
    夏目漱石は天才だ!!!

  • 今読んでいる本。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

明治、大正時代の小説家、英文学者。1867年、江戸(東京都)に生まれる。愛媛県松山で教師をしたのち、イギリスに留学。帰国後、執筆活動を始める。『吾輩は猫である』『三四郎』『こころ』など作品多数。

「2017年 『坊っちゃん』 で使われていた紹介文から引用しています。」

夏目漱石の作品

ツイートする