• Amazon.co.jp ・本 (212ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784861997884

作品紹介・あらすじ

"納豆不毛地帯"の大阪で、なぜ小さな会社の納豆がヒットしたのか?各業界注目12社成功の秘密。ヒットを生み出す視点のズラし方。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 一つ一つの企業、インタビューは面白く興味深い、ネットでたまに読んでてもそう思ってた。でも、まとめて本で読むようなものでもないかな。
    今回のインタビューの中にササるのほなかったかな。

  • インタビュー記事をまとめた本。
    とても面白く感じるものもあれば、ふーん程度に感じる内容もある。

  • ・ どうやったら押しつけではないコミュニケーションができるのか。これまでにない誘導方法を考えていかなければなりません。
    ・ 今の時代は「外に見せる」「開けていく」ことが重要なキーワード
    ・ 会社のウェブサイトを見たとか、テレビでCMを見たとか、新聞で広告を見たとか、会社の名前を3〜4回重ね塗られると、その人の頭の中に会社のことが認知されるのではないでしょうか
    ・ 納豆が持っている力を引き出すために「物語」が必要になってくるんです。
    ・ 「物語のたね」はたくさんあるはずなので、それを発見して、人が共感できるように育ててうまく発信すると、ライバル会社とは違う独自の存在になれるのではないでしょうか
    ・ 長期間働いてもらうために「これをクリアすれば、あなたは次のステップに進むことができますよ」ときちんと説明する
    ・ ユーザーがたまに読んでいるジャンルの記事を掲載した方が、よく読まれることがわかってきたんですよ。ニュースは多様性が大事。
    ・ 以前のグノシーは「ユーザーの好きな情報をこちらが推測して提供しますよ」というスタンスでした。しかし、「好きな情報を選んでいただく」としたほうが、より長く使っていただける。なので、カテゴリー別のタブを追加しました。
    ・ 人は日常的に「飽きる」ことになれているので、あたらしい刺激を求めながら生きています。

  • ウェブ媒体の記事を集めたものだが、いろんな業界の工夫や状況がよくわかって大変参考になった。その中でも、「探せば『物語』がきっとある」というのが今の自分にとっては大変参考になった。そういう思いで語れる地域の「物語」を探したい。

  • 面白かった。
    コンビニ、清涼飲料水、保険会社など、様々な企業が、業績を上げるためにどのような努力や工夫をしているのかが具体的に描かれている。
    特に印象的だったのは、ダイドードリンコの「自販機の一等地」をある手法で明らかにして、売り上げを伸ばしたというところ。
    神は細部に宿る。多くの企業がそうした細かいところの見直しを重ねて成果を出そうとしている。このことが具体的に伝わってきた。

全5件中 1 - 5件を表示

ササる戦略のその他の作品

ササる戦略 Kindle版 ササる戦略 土肥義則(ITmediaビジネスオンライン)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
みうら じゅん
ジャレド・ダイア...
佐々木 圭一
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする