できる奴はIC(インディペンデント・コントラクター)になる!

  • アールズ出版
3.20
  • (1)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862041043

作品紹介・あらすじ

IC(インディペンデント・コントラクター)=独立業務請負人という働き方を選択したビジネスマン23人の“雇われない”生き方を紹介、インディで成功する秘訣を探る。雇用不安に苛まれるサラリーマン、必読の書人

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 雇われたくない、かといって経営者になるのは好きじゃない、こういう働き方が向いてる人ってけっこういるんじゃないかな。
    要するに、ホワイトカラーの職人さんですね。

  • IC、インディペンデント・コントラクター。この言葉を初めて知りました。
    高度な専門技術をもったフリーランサーといったイメージ。
    23人のICの働き方や、そこに至った経緯などが書いてあります。
    一人で責任を持って、全部の工程をやりたい人にはお勧めの働き方かもしれません。厳しい道であるのは事実だろうけれど、こういう働き方が、日本でももっと増えてもいいのになと思います。何で増えないんだろう?国民の気質?保証のなさ?

  • 知人が事例として載っているということで買って見た。興味深い事例も多く、改めて自分の生き方としてICの方向があっていそうだと感じた本でした。ただ、あくまでも自分の未来は自分で切り開かないといけないな、とも思いましたが。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション・ライター。1948年茨城県生まれ。中学卒業後、東京下町のネジ販売会社に集団就職。その後、調理師見習い、ギター流し、地方紙・業界紙・週刊誌記者など20数回の転職を繰り返し、現在に至る。政治、教育、移民、芸術、社会問題など幅広い分野で取材・執筆活動を続ける。海外へ渡った日系移民に強い関心を持つとともに、スペインをこよなく愛し、特技はフラメンコギター。『さよなら、東大』(文藝春秋)、『世紀末ニッポンの官僚たち』(三一書房)、『デカセーギ 逆流する日系ブラジル人』(草思社)、『お騒がせ贋作事件簿』(草思社)、『スキャンダル戦後美術史』(平凡社新書)、『ウチの社長は外国人』(祥伝社新書)、『「金の卵」転職流浪記』(ポプラ社)、『お父さん!これが定年後の落とし穴』(講談社)、『部長が中国から来たらどうしよう』(徳間書店)、『平山郁夫の真実』(新講社)など著書多数。

「2013年 『死ぬのにいくらかかるか!』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大宮知信の作品

できる奴はIC(インディペンデント・コントラクター)になる!を本棚に登録しているひと

ツイートする