上方のをんな: 女方の歌舞伎譚

著者 :
  • アールズ出版
3.92
  • (3)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (192ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862042125

作品紹介・あらすじ

心眼といわれた十三代目片岡仁左衛門の次男、片岡秀太郎。ほとんどの歌舞伎役者が東京に居を構えている中、上方の空気に触れ、そこで寝起きするからこそ、本物の上方らしさが自然と身につくものと、頑なに上方にこだわり続け、上方歌舞伎の頭脳といわれるほどの研究家でもある。古稀を迎えた今年、六十余年となる役者人生を振り返り、数々の名優たちとの芸談、さまざまな演目、役のしどころ、見どころなどを語る。
名優の誉れ高い十三代目片岡仁左衛門の次男に生まれ、上方に生き、上方らしさに徹底的にこだわり続ける役者、片岡秀太郎が初めて語る女方の真髄!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 数え切れないくらいの型があって、
    全力でそれらを注ぎ込っもうとした先人たちがいた。
    それを受けるだけの器ができたらいいな。

  • 歌舞伎役者、片岡秀太郎丈の芸談。自らを『お父ちゃんっ子』だったという父、十三代片岡仁左衛門と共に継承してきた上方歌舞伎の話が中心。代表的な上方歌舞伎の演目や松嶋屋に伝わる型について、またこれからの上方歌舞伎について。上方には上方らしい演じ方、空気があるのがよくわかりました。お芝居の基本は義太夫だということも。私が大阪にいたころは、歌舞伎をみようと思ったら京都の南座に行くしかなかったんだよね。一度は大阪でこってりした上方歌舞伎を見てみたいです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

本名・片岡彦人(よしひと)。十三代目片岡仁左衛門の次男に生まれる。1946年京都南座で『吉田屋』禿役で片岡彦人の名で初舞台。1956年大阪歌舞伎座の『河内山』の浪路で二代目片岡秀太郎を襲名。やわらかみのある上方の女方として、活躍。兄は五代目片岡我當、弟は十五代目片岡仁左衛門、養子に片岡愛之助。

「2011年 『上方のをんな 女方の歌舞伎譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ツイートする