魚は泳ぐ―愛は悪

著者 :
  • 言叢社
3.17
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (278ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862090058

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • そして、息子の本に。

    これとは別に、
    死の棘、死の棘日記を読んだ後に、
    何かの雑誌で彼のインタビューを見た。

    彼の目線から見た、死の棘という出来事は、
    死の棘とも死の棘日記とも明らかに隔たっていた。

    私が個人として持ちうる想像性の限りには、
    良いとか悪いとかの世界の価値観が全てで、
    それをもってして、子供の側に私は立ちたい。

  • ドンピシャ!
    敏雄のことが好きなのだけれども、伸三もブレていない!
    というか、さらに現代に生きるあたしからみてぴったりでした。
    これからコドモを生むひとたちに読ませたい一冊。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1948年生まれ。写真家・エッセイスト。父・島尾敏雄、母・ミホの長男として神戸市に生まれる。奄美大島で少年時代を過ごす。74年、東京造形大学造形学部写真専攻科卒業。75年よりフリーの写真家として活動。78年、妻・潮田登久子との間に長女・真帆が誕生。著書に『ひかりの引き出し』『月の家族』『生活』『季節風』、共著に『中国庶民生活図引』他多数。

「2018年 『小岩へ 父敏雄と母ミホを探して』 で使われていた紹介文から引用しています。」

島尾伸三の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする