鎌倉の歴史: 谷戸めぐりのススメ

制作 : 高橋 慎一朗 
  • 高志書院
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862151759

作品紹介・あらすじ

年間二千万人の観光客が訪れる鎌倉。海と山にはさまれた狭い「谷戸」に由緒ある寺社や武家屋敷跡があって、さらに奥には中世の古道や墓所もある。ハイキングや観光がてらに、鎌倉の歴史を少しでも感じたい方のためのちょっと深めの歴史読本。この本片手に、いざ鎌倉!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • <目次>

    第1章  谷戸に暮らす人びと~北西エリア
    第2章  武家の興亡、栄枯盛衰の跡~北東エリア
    第3章  海の世界と仏教の広がり~南エリア
    こだわりの鎌倉探訪

    <内容>
    久しぶりに読み終わるのが惜しくなった本。昔は鎌倉を随分と歩き回ったのだが、近年観光客の増加の中、あまり訪問をしなくなった。と言っても、鎌倉で混んでいるのは、小町通・若宮大路・大仏・江ノ島(含む江ノ電)だけなのだが…。この本では、昔からよく行っていた佐助界隈、妙本寺界隈、覚園寺周り(百八やぐら)、瑞泉寺近郊などが、ちゃんとした学者による紹介がされている。もちろん、観光ガイドではない。しかし、ある程度の鎌倉歩きができている人には、わかりやすい本である。その辺のガイドよりも面白い(谷ごとに分析しているのだが…)。この本を手にもう一度歩いてみるか…

  • 武家の都鎌倉の歴史を主な谷戸ごとに解説。それらにかつてあった武家屋敷、寺院(現存含む)、やぐらなど。今は足利氏や上杉氏ゆかりの谷戸が気になる。切通の地形や海岸もじっくり眺めたい。著名な寺社以外の鎌倉も見て回りたい。

全2件中 1 - 2件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする