良寛の探究続編: 通説再考

著者 :
  • 高志書院
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 0
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862152053

作品紹介・あらすじ

良寛の人物像で、今、通説となっているのは、年代記入を欠く良寛遺墨を前にして多くの先達たちが考察を重ね、その成果を論述してこられた、まさにその集積の姿である。本書は前著『良寛の探究』の続編だが、活字書籍からでは見えてこない良寛の思いを知るために作成した「『良寛墨蹟大観』収載 良寛揮毫詩歌索引」を収録する。

著者プロフィール

塩浦林也(しおうら・りんや)
1941年、新潟県柏崎市生まれ。
1966年3月、新潟大学人文学部人文科学科を卒業。同年4月より新潟県内の高校に奉職し、2001年3月、定年退職。元・全国良寛会会員。専攻:日本語学

主な著書
『鷲尾雨工の生涯』(恒文社 1991年)
『良寛用語索引 歌語・詩語・俳語』(笠間書院 1996年)
『會津八一用語索引―歌語・俳語―』(高志書院 2007年)
『良寛の探究』(高志書院 2015年)

「2020年 『良寛の探究続編 通説再考』 で使われていた紹介文から引用しています。」

塩浦林也の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×