感じてわかる! セラピストのための解剖生理 カラダの見かた、読みかた、触りかた

著者 : 野見山文宏
  • BABジャパン (2010年4月28日発売)
3.86
  • (10)
  • (13)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :193
  • レビュー :14
  • Amazon.co.jp ・本 (180ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862205100

感じてわかる! セラピストのための解剖生理 カラダの見かた、読みかた、触りかたの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 専門性の高い人が読むと退屈かもしれません。はじめての開業セラピスト向けの本だと思いますが、患部のみを診るのではなくそこからのズームアウト、どこに原因があるのか?という観点で書かれていて、基本に立ち返ることのできる内容だと思います。

  • 解剖生理の本としては書かれている内容は少なすぎるかもしれない。

    でも、ひとつひとつの説明は非常にわかりやすくすんなり頭に入ってきます。

    勉強になりました。

    ぜひ、これをシリーズにしてもっと書いてほしいですね。

  • セラピストを目指し始めた私にとって、難しい言葉ではなくイラストと分かりやすい言葉で大変読みやすかったです。
    きっかけとしてすごく良い本でした^ ^

  • のみさんのWSも受けると更に理解が深まっていいです!!!

  • 帯文:"ボディワーカーに大人気のセミナー「日本一わかる!解剖生理学講座」の講師がおくる、体感型解剖生理学入門!" "カラダって、なんて面白いんだろう。なんて完璧なんだろう。もっと知りたい!"

    目次:はじめに、ズームアウト編;1 骨盤の中には何がある? 2 肩こりをズームアウトしてみよう!…他、ズームイン編;1 腕の付け根はどこ? 2 腰を痛める原因はこんなところにも!?…他、おわりに、専門家の皆様へ

  • 解剖生理という内容をわかりやすく例をあげて書いています。初心者向けにはとても読みやすいです本です。でも1度さらっと読んでしまえばそれだけの内容な気がします。セラピストのための、、となるともう少し広範囲だったらいいのになあ。

  • 仕事上の知識を得るために購入。
    プロ用の本ではありますが、セラピストやエステティシャン、整体師などの職業を目指す若者にもおすすめの一冊です。

  • セラピーのトリートメントする部位のみの解説。
    身体全体の解説ではない。

  • セラピストだけでなく、からだに触れるというお仕事をされている方や、家庭で取り入れたいという方にも理解しやすい内容でいいと思います。

  • 整体師とかセラピストを目指しているわけではなく、
    家族にマッサージするくらいの
    「おうちセラピスト」の主婦にでも
    すんなり理解できるほど、
    わかりやすく解説してあり、面白いです。

    実際に自分の体で
    本に記載されている筋肉はどこなのか
    読みながらも探してしまうくらい
    ハマってしまいました(^^)

全14件中 1 - 10件を表示

感じてわかる! セラピストのための解剖生理 カラダの見かた、読みかた、触りかたのその他の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リエコ 大島 バ...
アン・モロウ・リ...
有効な右矢印 無効な右矢印

感じてわかる! セラピストのための解剖生理 カラダの見かた、読みかた、触りかたはこんな本です

感じてわかる! セラピストのための解剖生理 カラダの見かた、読みかた、触りかたを本棚に登録しているひと

ツイートする