「女性ホルモン」の不調を改善し、心身の美しさを引き出す セラピストのための女性ホルモンの教科書

著者 :
  • BABジャパン
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 20
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862209092

作品紹介・あらすじ

あなたの不調はどこから?ホルモンバランスを崩しやすい体的な原因を『自律神経乱れタイプ』『セロトニン不足タイプ』『卵巣疲れタイプ』の3タイプに分類し、タイプに合わせたトリートメントを行う。女性ホルモンのバランスを整え、内側から美しくするテクニックを公開!!ホームケアにも最適!!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 女性ホルモンの教科書
    烏山ますみ

    ◆いつも心がける栄養源
    元気な子宮卵巣

    ・タンパク質 細胞をつくるもと
    一日50G
    赤身
    納豆
    豆腐
    卵チーズ パルメザンチーズ

    ・鉄 酸素を全身に運ぶ子宮内膜をつくる
    一日11G
    かつお
    しじみ
    あさり
    煮干し
    納豆
    青のり
    湯葉 
    ひじき
    小松菜

    ・カリウム 細胞のもと ミトコンドリアを元気に
    一日200MG
    とりすぎても排出 
    のり ひじき 大豆
    いも ほうれん草 小松菜
    にんじん かぼちゃ
    アボカド ドライフルーツ
    バナナ メロン ぶどう

    食事基本
    主食3
    主菜1
    副菜2

    ◆月経周期にあわせ生活食事法
    ・月経中
    食事 EPA 青魚 痛み和らげる 
    しょうが 生理痛み和らげる
    鉄分 ひじき吸収されにくい
    動物性のほうが吸収がよくビタミンCと一緒に摂取すると吸収率高まる

    ・生理終了後
    ダイエットによい
    大豆 豆乳200ML 納豆1パック

    ビタミンE 女性ホルモン分泌助ける
    いくら たらこ ツナオイル うなぎ かぼちゃ 赤ピーマン アーモンド ピーナッツ アボカド

    玄米

    亜鉛 粘膜の材料
    貝ナッツ
    かき 油揚げ 納豆 赤身

    ・排卵次の生理まで
    不調がでる
    エストロゲン低下によりハッピーホルモンβエンドルフィンをコントロール
    泣けるDVDで大泣きするとβエンドルフィンがでる

    セレトニン低下
    オキシトシンが分泌されるとセレトニン活性化
    ペットに触れる

  • 【状態】
    展示中

    【内容紹介】
    あなたの不調はどこから?ホルモンバランスを崩しやすい体的な原因を『自律神経乱れタイプ』『セロトニン不足タイプ』『卵巣疲れタイプ』の3タイプに分類し、タイプに合わせたトリートメントを行う。女性ホルモンのバランスを整え、内側から美しくするテクニックを公開!!ホームケアにも最適!!

    【キーワード】
    単行本・女性ホルモン・女性・セラピスト


    ++1

  • 「脳と卵巣のやり取りで月経が起きている」中で「女性ホルモンが分泌されている」というのが女性ホルモンの最大の特徴。

    ▼女性のホルモンの代表的な病気
    ▽不妊
    これまでの経験上、身体の凝りが強かったり、リンパのつまりがある方はなかなか妊娠しにくいように感じる。妊娠したいと思った時にまず、自分の身体について知り、食事、睡眠、運動などを見直す事が大事。

    ▽更年期
    出産経験のある女性の場合、産後の骨盤のケアが十分でないと、更年期症状が強くなると言われている。ケアができずに過ごすことで、数年後、卵巣機能が低下してきた頃に大きく体調を崩してしまう。

    ▽PMS
    原因についてははっきりしないが、プロゲストロンの影響や神経伝達物質のセロトニンの影響が大きいよう。また、治療によるプラシーボ効果がとても高いとも言われている。

    ▼女性のホルモンの乱れの原因

    女性ホルモンの乱れと言っても、その原因は大きく分けて「脳の疲れ(自律神経・セロトニン不足)」なのか「卵巣や子宮の疲れ」なのか見極める事が肝心。

    ▽自立神経の乱れタイプ:頭痛・めまい・肩こり・冷え・便秘・下痢・むくみ
    身体のこわばりが強く、身体をゆるめられるようにしていく。冷えが強いので、どこが冷えているか確認をする。上半身の血流が集まりやすいので、下半身のむくみが強い。上下のバランスを取るように施術していく。

    ▽セロトニン不足タイプ:睡眠障害・感情的・食欲旺盛・むくみ
    全身のリンパが詰まっている。姿勢がわるくなり猫背になりやすい。脳と全身に行き来がスムーズになるよう首・頭・顔を入念にゆるめる。

    ▽卵巣疲れのタイプ:肌荒れ・乳房の張り・腰痛・下腹部の張り・むくみ
    骨盤周辺の血流、リンパの滞りを取っていく。股関節周りが硬くなりやすいので、ゆるめていく。セルライトも溜まりやすい。

    視床下部は女性ホルモンの中枢であり、睡眠、食欲、性欲、自律神経などにも大きく影響する。そういったところから、香りを使ったアロマセラピーは女性ホルモンを整える上で、とても大きく有効なものである。

全3件中 1 - 3件を表示

「女性ホルモン」の不調を改善し、心身の美しさを引き出す セラピストのための女性ホルモンの教科書のその他の作品

烏山ますみの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする