阿修羅の契

著者 :
  • 小池書院
3.45
  • (1)
  • (3)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784862258281

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりの大竹作品。
    絵柄も方向性もぶれない感じが好きだなぁ。

    この作品。
    美貌の大名に美しい小姓と来たら、大竹さんお得意の方面かと思ったら、それほど衆道にも偏らず、かと言って歴史・戦国物として飛び抜けてる訳でも無く、ちょっと半端な読後感。

    宇喜多家に興味をもつきっかけにはなるかな。と。

  • かなり前だが、オカルト系ポッドキャスト「とうもろこしの会」で絶賛されていた。

    で、偶然入手出来て読んで見たら、これが歴史物マンガとして上出来で、面白い!

    BLとしては寸止めもいいところで全然描写がエロくないが、主従の衆道の心の交流を重点的に描いていて、これはこれであり。

  • 衆道もの。BLじゃなくて衆道。エロはない。
    「龍ノ口落城記」を元にした表題作と宇喜多直家の生い立ちを描いた短編が収録されています。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

歴史・時代物を中心とした漫画。月刊『COMIC魂』劇画寄席落語の間シリーズ連載中。『白の無言』(竹書房)、『写楽』『源平紅雪綺譚』『秘すれば花』『しのぶれど』『百々之助☆変化』『阿修羅の契』(小池書院)など。

「2018年 『全訳 男色大鑑〈武士編〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大竹直子の作品

ツイートする