ホット&クール! ローソンのソーシャル・キャラクター戦略 (小池一夫のキャラクター新書)

著者 :
  • 小池書院
3.57
  • (0)
  • (4)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862259387

作品紹介・あらすじ

27以上のソーシャルメディアを活用し、人気キャラクターとコラボ!さらに自社用のボーカロイドまでつくっちゃった!つぶやき1回で10万人が店舗に押し寄せ、1000万人と"ともだち"になろうとしている企業!ローソンのソーシャル・キャラクター戦略の仕掛人(中の人)たちを直撃!『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』『魔法少女まどか☆マギカ』『ドラゴンクエストX』『TIGER&BUNNY』『アイドルマスター』『リラックマ』(順不同)…ローソンとコラボする企業の「中の人」たちにも聞いてみた!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2015年7月1日読了。ローソンのSNS・リアル店舗を組み合わせたキャラクター活用の巧みさについて、劇画原作者の小池一夫が解説した本。「子連れ狼」とローソンは噛み合わなく感じるが、キャラクター創作を塾で教え著作もある著者はかねてよりローソンのキャラクターの扱い方に注目していたのだとか。エヴァやけいおん、まどかマギカなど確かにローソンのコアなマニア向けのキャラクター活用には「そこまでやるか」と思わされるし、単なる販促ではない熱い思い入れを感じる。「あきこちゃん」のみならず「あきこロイド」というボーカロイドキャラクターも創作し、クリエイターとコラボするなど思っていたよりローソンの守備範囲は広かったようだ…。他のコンビニとの差別化は今後も有効なのかは気になるところ。

  • セブンイレブン、ファミリーマートに挟まれて、他社とは違う独自路線をいっている一環として、こういうところに力を入れているとはあまり知らなかった。
    ソーシャルメディアは他のメディアより相対的にコストが低いという面もあるのだろうが、コストパフォーマンス的にはどうなのだろうとも思う。話題になればコストは度外視という考え方もあるのだろうが、このあたりセブンイレブンとの収益の大きな開きに繋がっている気もする。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

作家、漫画原作者
中央大学法学部卒。大学時代より時代小説家・山手樹一郎氏に師事。1970年『子連れ狼』(画/小島剛夕)を執筆以来、漫画原作、小説、作詞、脚本など幅広い創作活動を行う。代表作に『首斬り朝』『修羅雪姫』『弐十手物語』『クライングフリーマン』など多数。1977年より漫画家育成のため「劇画村塾」を開塾。独自の創作理論「キャラクター原論」を教え、高橋留美子、さくまあきら、原哲夫、堀井雄二、板垣恵介など多くのクリエイターを育てる。2000年以降は学校教育の中でも後進育成を行う。2005年米国漫画界のアカデミー賞といわれる「アイズナー賞」の「漫画家の殿堂入り」。2010年より開始したツイッターのフォロワー数は80万人を超える(@koikekazuo)。

小池一夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
高野 和明
百田 尚樹
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする