拉致問題を考えなおす

  • 青灯社
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (219ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862280442

作品紹介・あらすじ

日本と北朝鮮との拉致問題交渉が断絶して数年がたつ。日本政府は、交渉は「拉致被害者全員が生きていることを前提にする」という立場で、経済制裁など圧力を強化してゆけば北朝鮮が折れてくるという見通しに立っていたが、いっこうに進展の気配がみえない。その間、北朝鮮による核実験の強行など、アジアの緊張が高まっている。
本書は、世論に迎合してデッドロックに乗り上げたこれまでの日本政府の政策を批判し、前提条件なしにまず交渉すること、日朝国交正常化を目ざすこと、それのみが拉致問題解決や緊張緩和に資することを冷静に分析し提言する。
●現政権も強硬路線を踏襲しましたが、こういうやり方が一番困る。家族の顔色見て「あなた方のいっていることをやっているのだから、いいだろう」、そういうエキスキューズにする。(蓮池透)
●一番近くにある隣国で、深刻な問題があり、深刻な関係にある北朝鮮とは、外交関係がなく、交渉ができないというのはもっとも馬鹿げており、危険だとしかいいようがない。(和田春樹)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 6者教義では複眼的なバランスのとれた外交をやらなければならない。

    1970年代に北朝鮮が展開した対南工作、南朝鮮革命、あるいは南北朝鮮統一運動というものの過程で生じた政治的な事件である。
    北朝鮮はそれまで在日朝鮮人、在日韓国人を様々な形で利用してきた。しかし簡単に摘発されるようになったので、日本人になりすまして韓国に入れる人が必要だった。
    日朝国交正常化を結ぶと北朝鮮が日本の経済に組み込まれるて、経済的に再び日本の影響かに置かれる可能性があり、ひいては朝鮮半島全体が日本の影響下に置かれることをアメリカは危惧している。ロシア、韓国、中国も同じではないか。

    拉致問題の解決とは、
    1.北朝鮮が拉致したことを認め、謝罪する
    2.拉致した人の状況を明らかにする
    3.生存者を帰国させる
    4.死亡した人の状況を説明する
    5.拉致実行者を処罰する
    6.被害者、家族への補償を行う

  • 菅沼光弘
     むかし特高警察が関釜航路を監視。朝鮮人と日本人をしぐさでみわけている。顔を洗う時、首に手をあてる

    田中角栄 キッシンジャーの逆鱗にふれる
    米中国交正常化 アメリカ国内の親台湾が多く、台湾との現状を維持しながら中国との国交を樹立するため時間がかかる。その間に日本が国交樹立
    1965日韓基本条約 日本 有償無償5億ドル 民間を加えて8億ドル 韓国を経済的に支えた それで韓国経済韓国市場は日本に組み込まれるようになった。

    日朝国交正常化は、経済的には、日本に経済的に組み込まれること 周辺国はだれもこれを許さない
    北朝鮮の核 日本の軍事的台頭を誘発する

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

蓮池 透(はすいけ・とおる)
 1955年、新潟県に生まれる。東京理科大学工学部電気工学科卒業後、1977年、東京電力に入社。2002年、日本原燃に出向。同社燃料製造部副部長。核廃棄物再処理(MOX燃料)プロジェクトを担当。2006年、東京電力原子燃料サイクル部部長(サイクル技術担当)。2009年に東京電力を退社。1978年に北朝鮮に拉致された蓮池薫の実兄。北朝鮮による拉致被害者家族連絡会(家族会)の事務局長などを歴任する。
 著書には、『奪還 引き裂かれた二十四年』『奪還第二章 終わらざる闘い』(以上、新潮社)、『拉致 左右の垣根を超えた闘いへ』 『私が愛した東京電力 福島第一原発の保守管理者として』(以上、かもがわ出版)などがある。

「2015年 『拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々』 で使われていた紹介文から引用しています。」

蓮池透の作品

拉致問題を考えなおすを本棚に登録しているひと

ツイートする