子どもが自立する学校 ~奇跡を生んだ実践の秘密

著者 :
制作 : 尾木直樹 
  • 青灯社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 23
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (367ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862280473

作品紹介・あらすじ

<全国の中学・高校8校の実践レポート>
子どもの自発的活動がはじまる、荒れやいじめが収まる、進学率が急上昇。その秘訣とは?
生徒の自主的な文化活動、行事運営を促し、自主性に任せること。→ 自信、意欲の増大、進路の明確化。
→ 進学率も上昇。
<生徒が主役で、学校が変わる>
●生徒が自分の会いたい著名人と交渉して開催する土曜市民公開講座、自主活動の自信で進学率も上昇―東海中・高校
●手取り足取りではなく放任でもない。探究科で「生きる力」の育成プログラム、進学率も急上昇―堀川高校
●教師が変われば学校が変わる。荒れた学校を一変させ生徒がいきいきと。学力も底辺層からトップクラスへ―神谷中学
●生徒の自主的な学校生活運営、実生活に即した考える力の育成。卒業生は一般より友人と仕事に恵まれる―自由学園 
●問題行動のサインをのがさず、教職員がチームを組んで生徒に寄り添う。学校がみんなの居場所に―都内公立中学
●全校生徒の名前を覚え、声かけし、生徒から厚い信頼をえた校長。弱者配慮の社会的リーダー育成をめざす―三鷹高校
●生徒が社会問題のテーマを選び、現場の人々を取材してレポートを作成。将来像の明確化で進学率も飛躍―海城中・高校
●生徒・教職員・保護者の三者協同でつくる学校、知りたいことが学べる「総合」の授業、  生徒が輝く―大東学園

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 個性的な活動を展開している全国の学校の実践集。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

一九四七年滋賀県生まれ。教育評論家、法政大学特任教授。早稲田大学卒業後、私立海城高校、東京都公立中学校教師として、二十二年間ユニークな教育を実践。二〇〇三年に法政大学キャリアデザイン学部教授に就任。一二年から法政大学教職課程センター長・教授を歴任。主宰する臨床教育研究所「虹」では、所長として子育てと教育、いじめ問題など現場に密着した調査・研究に取り組む。著書は二〇〇冊を超える。「尾木ママ」の愛称で講演活動、メディア出演など幅広く活躍中。

尾木直樹の作品

ツイートする