安倍晋三が〈日本〉を壊す──この国のかたちとは:山口二郎対談集

  • 青灯社
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862280879

作品紹介・あらすじ

安倍政権が目指し、実行しようとしている安保法案、経済政策、原発再稼働、メディア介入、国体のあり方──。
それらの問題点と危険性について、各分野の第一人者たちが徹底批判し、今後の国のあり方を考える対談集!

「今、世界中がアベ化している」(山口二郎)
「〈日本は米国の属国〉が主題化されていない」(内田 樹)
「国の姿の議論を避ける胡散臭さ」(柳澤協二)
「株主配当を抑えれば賃金は3割UPできる」(水野和夫)
「原発はすでに終わった産業技術」(山岡淳一郎)
「安倍さんの手法はメディアのトップを落とす」(鈴木哲夫)
「戦後憲法は、戦前弾圧されたリベラリストが支えた。
 たんなるGHQの押しつけではない」(外岡秀俊)
「安倍政治の〈国体〉は成功しない」(佐藤 優)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人格否定が目に余る
    中でも内田氏はひどい。
    安倍総理や、支持する人を嫌う気持ちはわかるけど、ただ挑発しているだけで、それ以外何も伝わって来ない。個人的には佐藤さんが一番しっくりいった。

  • 編者の山口二郎は、まあいつもどおりだな、という感じだけど、対談相手の方がの認識は、高いレベルのものがあると思った。いい構成だと思います。

  • 16/06/08。

全3件中 1 - 3件を表示

内田樹の作品

安倍晋三が〈日本〉を壊す──この国のかたちとは:山口二郎対談集を本棚に登録しているひと

ツイートする