生き延びるためのラカン (木星叢書)

著者 :
  • バジリコ
3.60
  • (35)
  • (46)
  • (87)
  • (5)
  • (3)
本棚登録 : 427
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862380067

作品紹介・あらすじ

ストーカー、リストカット、ひきこもり、PTSD、おたくと腐女子、フェティシズム…「僕の見たところ、現代の社会は、なんだかラカンの言ったことが、それこそベタな感じで現実になってきている気がする」。電車内の携帯電話の不快なわけは?精神病とはどういう事態か?…こうした問いにもラカンは切れ味鋭く答えてくれる。「心の闇」を詮索するヒマがあったらラカンを読め!そうすれば世界の見方が変わってくる!世界で初めての使えるラカン解説書にして精神分析入門。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2010/12/4-7
    ラカンの切り口がどこか皮肉めいて聞こえているのに、やけにスッキリと自分の心に響くのは気のせいか。人の心はとはどんな手段を使っても、それらを実体として示すことはできず、その実体を持たない原因によってすら、人は苦しみ、痛む。それを取り扱う方法として精神分析は存在するということが納得だった。三界の話も、新鮮だった。男女の関係だけでなく、誰とも自分の中でも現実界を直接触れることができぬこと。空虚感も悲観せず大切にしていこうと感じた。

  • ふむふむ。むずかしい。

  • 実際のところ、意味やイメージは言葉の副産物なんだ p38

  • 今まで、文学批評などの分野からラカンの思想に、ちょっとは触れてきたけれど、たしかにこの本の解説はわかりやすい。
    理論のむずかしさが変わるわけではなくて、著者が提示している例によって理解が進んでいく感じ。
    いや、わかったような気分になっているだけかもしれないけれど…。

    ここのところ、フロイトにしてもラカンにしても、もう「過去の理論」みたいな位置づけになっている。
    著者は精神科医だけど、ラカン理論を臨床で使っているわけではないとのこと。
    でも、ラカンの理論はひきこもりや文化現象を理解するのに有効だと考えているようだ。
    本書の刊行は2006年。
    またいつか、ラカンブームがやってくる日はあるのかな?

  • 読み助2014年12月2日(火)を参照のこと。http://yomisuke.tea-nifty.com/yomisuke/2014/12/2-part2-bac7.html

  • 斎藤環がラカンをドヤ顔でレクチャー。「知的に早熟な中学生ならすいすい読める」らしいが、中年の私はすいすい読んだものの、知的にはもやもやしたまま終わってしまった。斎藤に言わせれば「センスがない」のかもしれない。いや、ラカンは「わかればわかるほどわからなくなる」らしいから、すこしはわかったのかも。とりあえず、ラカンや斎藤がどんなことに関心をもっているかは、なんとなくわかった。あとフロイト関係の小話。それでよしとしよう。本当はこの後すぐ、別のラカン入門書を読むといいのかもしれないけれど。

  • なかなかけっこう頭にスイスイと入って来るよ。お薦め。
    13/02/14読了。
    2回目読書中。
    2回目読了。13/3/6。

  • 数年前からラカンに興味があったので読んだんだけど、結局、著者の斉藤環氏にはまりまして。これから他の本も読んでみようと思う。
    自己と他者、想像と現実、自分が常々不思議に思ってたり考え続けてたことのヒントがたくさんありました。
    「人間は言葉によって思考をセーブされてる」っていう内容、まさにそのとおりだと思う。
    コミュニケーションの方法が言葉である限り、思考も想像力も不自由であることを自覚して謙虚でいたいです。

  • 文章がとにかく平易で読みやすい。ラカンの骨子でもある三界(想像界、象徴界、現実界)についても繰り返し語られるので後半になるにつれより理解が深まる。入門書としては良書。もうすこし踏み込んだ書籍に次はチャレンジしたい。

  • 「○○になりたい」「○○がほしい」は欲求ではなく欲望。

    こうやって精神分析のこと考えるのも他人に話して聞いてもらえなかったらしないだろうし、
    本来の欲求を先送りにしてる欲望に過ぎないんだろうな。

    人は認められたいし、同情されたい。

    赤ん坊は自我がない。

全45件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1961年岩手県生まれ。医学博士。筑波大学医学医療系社会精神保健学教授。専門は思春期・青年期の精神病理学、病跡学など。

生き延びるためのラカン (木星叢書)のその他の作品

斎藤環の作品

生き延びるためのラカン (木星叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする