警察裏物語

著者 :
  • バジリコ
2.98
  • (6)
  • (12)
  • (57)
  • (14)
  • (6)
本棚登録 : 177
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (264ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862380074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 期待はずれ

  • 小説で警察モノを続けて読んだので、実際どうなのよということで警察OBの一冊を読んでみた。警察小説で綴られている内容がさほど嘘ではないということと、踊る大捜査線はいいけど太陽にほえろ!はウソっぽいとか、コネタも含めて非常に面白かった。著者が警察OBだからということもあり全体的に警察麗さんに鳴っているのはやむを得ないが、もう少しシビアな眼で事実ベースで事件を紐解いたりしたら厚みが出たんじゃないかなぁとか思ってしまった。

  • ナース編が面白かったので、こちらも読んでみたのですが…。男の人は好きかもしれない。けど読んでて私の中の警察の方への高感度がどんどん下がっていく感じ。警察「職」への愛情は感じられるんだけど、著者様の自己顕示欲が強いのか、不快に感じる文章が多い。もっと素直に尊敬できるような内容のものかと期待したのに。あと「~だぜ」文が無理。

  • テレビに出たり漫画原作も手掛ける、元警視庁刑事の北芝健さんの著書。
    何かの転覆を目論んだ告発本ではなく、警察の日常や実情の裏話を綴る一冊。
    それもそのはず、著者は悪を憎み正義を愛するそんな警察の理解を広める擁護派。

    収録されたエピソードは誇張を含むかも知れないが、肩の力を抜いて読める文章だ。
    刑事ドラマのリアリティについて言及している点も、きっと楽しめる。
    通報から捜査、そして逮捕から裁判までの流れの再現も興味深い。

    漫画家や小説家を目指していて警察を描きたい方には、設定の嘘っぽさを少なくする資料にもなるだろう。

  • 警察ものの小説が好きだが、元警察官だけに生々しい。
    大マスコミの社員がが賭博して何も無かったことになるなんて信じられないし腹立つ。

  • ヘタな純情派刑事ドラマより、ギトギトした警察組織の裏側をクローズアップしたドラマの方がよっぽど面白いかも。これは警察内部を批判する暴露本というわけではなく、元刑事の北芝さんが体験したことも含め、世間には決して知られていない、知られることのない警察組織の裏側を覗ける一冊。
    将来、警察官を志す人などはチラッとでも読んでみるのもいい。

  • 警察官の正義感の強さ、警察学校での訓練の様子が印象深い。

  • 警察の日常って、本当にドラマみたいと思いました。

    読んでて、日本警察24時間的なものをを見ている気分になりました。

  • うそみたいなほんとの話。

    身内に警察人がいるので、極端な話でも「ああ、やっぱりどこでもそうかぁ」なんて感じで面白く読めました。

    変に警察叩きが賞賛されている昨今ですが、末端の警察官はこんな風に、安い給料でがんばってるんですよ。本書では刑事の話に重きが置かれているが、他の警察官も同じです。

    どこだって、ずるいことやってがっぽりもうけたりしてるのは偉いほうの人なんです。

  • 現在手元になし。

全32件中 1 - 10件を表示

警察裏物語のその他の作品

警察裏物語 Audible版 警察裏物語 北芝健

北芝健の作品

ツイートする