最後の夏 1991

著者 :
  • バジリコ
3.33
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862380197

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 写真集の評価として。
    「空気を閉じ込めた」、その表現がしっくりくる。何の変哲もない日常を、感性というフィルターを通して写真という形で「時代」として切り取る。会社員という安定を捨て、写真家として歩む出すセンシティブな時期の狭間だからこそ生み出せた作品なのかもしれない。

  • 青春

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1968年長野県に生まれ。東京工芸大学短期大学部写真科卒業。新聞社カメラマンを経て、1991年よりフリーランスフォトグラファーとして独立。1995年に「ASIAN JAPANESE」でデビュー。1997年「DAYS ASIA」で日本写真協会新人賞受賞。2013年 写真展「遠くから来た舟」で第22回林忠彦賞受賞。写真集に、『homeland』(NTT出版)、『days New york』(平凡社)、『SUWA』(アクセスパブリッシング)などがある。著書に『ASIA ROAD』(講談社文庫)、『父の感触』(文藝春秋)、『メモワール 写真家・古屋誠一との二〇年』(集英社)、『だからこそ、自分にフェアでなければならない。 プロ登山家・竹内洋岳のルール』(幻冬舎文庫)などがある。

小林紀晴の作品

最後の夏 1991を本棚に登録しているひと

ツイートする