東京ファイティングキッズ・リターン

  • バジリコ
3.19
  • (1)
  • (3)
  • (16)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 51
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862380340

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ことばの持つ重みとか、ことば以外の部分への感受性とか。面白かった。
    http://takoashiattack.blog8.fc2.com/blog-entry-649.html

  • 2010.8.20 図書館。
    ブリコラージュとかフムフムと読みました

  • さすがに飽きた内田樹。
    アナロジー能力高いモンでいくらでも応用利くけど、
    結局核で言ってることは同じっていう、それ。

    「人間が自由であり得るのは自然である、ノーガードでいられると感じることの対極のところにしかない」

    「自己と世界との落差」

    「進歩や成長を、そうせねばならないというのは病」

    「他者の言葉から自分の身体感覚が到来する経験」

    「術というのは、端的に言えば、そういう風に使わない関節を使い、そういう風には使わない筋肉や腱を使うこよ。ブリコラージュ的知性」

    「言葉の現実変成力」

    「粋に見える型みたいなもんはない。それがあると考えて粋になろうとするのが野暮」

  • 2010.02.07 朝日新聞に掲載されました。

全5件中 1 - 5件を表示

内田樹の作品

ツイートする