ポケットは80年代がいっぱい

著者 :
  • バジリコ
3.38
  • (2)
  • (11)
  • (14)
  • (0)
  • (2)
本棚登録 : 86
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862380821

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 80年代への憧れたを再認識した作品。自分は70年代後半地方産まれなので羨ましい。勿論あの時代でも筆者の経験は、選ばれた人間だけがアクセスできるものなんだろうけど、80年代の東京で大学生やってみたかったです。
    80年代に憧れる人はぜひ読んで、この歯がゆさを共有して欲しいです。

  • 916

  • 80年代サブカル好きにはたまらない内容なれど、著者の自慢めいた話が少し鼻につく、ような…
    湯浅学の「あなのかなたに」やらECDの自叙伝、岡崎京子の「東京ガールズブラボー」と共に読むと楽しいかも…

  • 80年代のことなんて正直よくわからない。サブカルチャーなんて何がメインで何がサブだか意味不明。

  • 一番ハラハラしたのは、お医者さんの卵時代のすごい話。。

  • どうでも良かったかも・・・。

  • 香山リカさんが20代前半のころの自叙伝のような、どうサブカルチャーにかかわってたか、みたいな話で、すごくおもしろくてほとんど一気読み。図書館で借りたんだけれど、買えばよかったかな、と思うほど。 香山さんがここまで深くサブカルとかかわっていたとは知らなかった。すごいー、というのが単純な感想。あまり事情に詳しくないわたしは、まったくきいたこともないような話も多かったけど、それでもおもしろかった。それぞれが見ていた風景はまったく違うって書いてあって、わたしもそう思うけれど、香山さんが見ていた風景が臨場感たっぷりであざやかに目に浮かぶ感じで。 読んでいると、当時から香山さんってやっぱり頭もいいし、行動力もあるし、そうそうたる人々のあいで認められていたんだなーとわかるけれど、自分ではまったくそういうふうには思っていない書き方で。客観的というか冷静というか、得意ぶるようなことはまったくなく、むしろ自虐的だったり、そういう書き方もわたしは好き。懐かしがったり、昔はよかった、みたいでもないところも。ほんとうにYMOファンだったんだなあってわかるようなところはとってもキュートだ。。。 あと、実の弟さんが書いている年表も、香山さんの素の姿が見られるようでおもしろい。

  • テクノと新人類と、スキゾキッズの時代(サブカルチャー勃興期の現場を描く、おしゃれでキュートでアヴァンギャルドな80年代クロニクル)

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

精神科医・立教大学現代心理学部教授。
 1960年7月1日北海道札幌市生まれ。東京医科大学卒。学生時代より雑誌等に寄稿。
 その後も臨床経験を生かして、新聞、雑誌で社会批評、文化批評、書評なども手がけ、現代人の“心の病”について洞察を続けている。専門は精神病理学だが、テレビゲームなどのサブカルチャーにも関心を持つ。

「2018年 『身近な人が「うつ」になったら読む本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

香山リカの作品

ツイートする