いきなりはじめる仏教生活 (木星叢書)

著者 :
  • バジリコ
3.95
  • (11)
  • (13)
  • (13)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (341ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862380876

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 釈住職の本は2〜3冊を残して殆ど読ませていただいてますが、
    ご自身が住職をされている浄土真宗だけを贔屓することなく、
    いつも宗教学者として仏教全体、宗教全体を俯瞰して解説しておられます。
    なので浄土真宗に帰依しようと一度も思ったことがないです。
    釈住職、すいません(^^ゞ
    しかし、そこが釈住職の信用できるところなので、
    仏教初心者の方にはこの本をオススメします。
    とても分かりやすく読みやすいです。

  • 仏教は包容力があるなぁ。
    こだわるな、とおまかせ

  • 仏教的な考え方とはどういうことか、それを生活に活かすことでどんなよいことがあるか。著者は、現代思想や時事的トピックをひきながら縦横に語っている。体系的な説明ではないが、著者の立ち位置は定まっており、その姿勢を学ぶことが、雑多に枝葉を拡げた仏教思想・仏教文化を見渡す際に役立つ。悟りとは?悟った後は?大乗仏教と上座部仏教の違いは?ブッダの思想と浄土思想や念仏との関係は?などなど、仏教についてはもやもした疑問が尽きないが、この本はそうした疑問を自分なりに整理するのに役立つ。哲学や心理学の方面から仏教に関心を持つ向きには、よい入門書であるように思う。

  • 現代社会の生きづらさの中で、仏教的考えが助けになることがあるかもしれない、と解決策ではないけれど考え方をいくつか示してくれる。ただ、内容がいくらか散漫で、著者自身の軽いノリが随所に入っているのが、集中できなくて読みづらい。また、仏教用語や人名・地名にふりがなが振っていないことが多く、「いきなりはじめる」という仏教初心者をターゲットにした内容なのに、あんまりやさしくない。

  • 仏教思想を教えてくれる本でありながら、共感したり思い当たる(既に知っている)感覚が既に自分の中にあることに気付き不思議に思えた。元来からの自分の思考が故か、日本人だからかは分からないが、妙に納得して読み進められるのは染み付いた何かがあるのだろうか。こうして活字化されたものを読み、共感することで自身の軸がぶれなくなっていくようで頼もしい。内容は宗教だが、現代社会における個人の在り方というか、この時代に生きる上での心構えをそっと伝えてくれるものである。文章に遊びがあって楽しく読めるのでお勧め(^^)

  • 難しくて途中で放棄。

  • 著者は浄土真宗のお坊さん。だが禅宗の視点にもちゃんと触れており、仏教入門に最適。★×4.5。

  • [ 内容 ]
    自我の肥大に悩む現代人に、仏教の知見を手あたり次第活用して日常を生きる、仏教生活を提案。
    プチ家出にプチ修行、合掌して「三帰依文」を唱えれば、今日からあなたも立派なブッディスト。
    これからの人生を仏教徒として生きてみれば、それだけで自由な回路が開けてくる。
    いやになったらやめればいい。
    かりにも「宗教」に対して、そんな態度でいいんでしょうか?
    いいんです、仏教は!
    「いかに活用するか」というつき合い方でもOKだ、とブッダもおっしゃっているんですから。
    行動するブッディスト・釈徹宗による、酒脱で過激な仏教生活入門。

    [ 目次 ]
    第1章 自我のバブルは続いている―いきなりはじめる仏教生活への手順その1 苦しみのメカニズムを理解する
    第2章 宗教の本質について考える― いきなりはじめる仏教生活への手順その2 正解なき問いに繰り返し喰らいつく
    第3章 出世の回路が開く道筋―いきなりはじめる仏教生活への手順その3 あとはただ仏教が好きになるのみ
    第4章 「十牛図」で生きるプロセスをイメージする
    第5章 「二河白道」で仏の呼び声を聞く
    第6章 あなたは仏教を知っている
    第7章 仏教を“聞く”、仏教を“感じる”

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 10/03/04購入。

  • 読み助2009年9月25日(金)を参照のこと。
    http://yomisuke.tea-nifty.com/yomisuke/2009/09/

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

如来寺住職/相愛大学副学長・人文学部教授。

1961年大阪府生まれ。大阪府立大学大学院博士課程修了。専門は宗教思想。NPO法人リライフ代表も務める。『落語に花咲く仏教 宗教と芸能は共振する』(朝日選書)で第5回河合隼雄学芸賞を受賞。著書に『親鸞の思想構造 比較宗教の立場から』(法蔵館)、『法然親鸞一遍』『天才 富永仲基 独創の町人学者』(新潮新書)、『いきなりはじめる仏教生活』(新潮文庫)、『NHK100分de名著 歎異抄』『NHK100分de名著 維摩経』『NHK宗教の時間「観無量寿経」をひらく 』(NHK出版)など多数。

「2020年 『NHK出版 学びのきほん お経で読む仏教』 で使われていた紹介文から引用しています。」

釈徹宗の作品

いきなりはじめる仏教生活 (木星叢書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×