制作 : 山田和子 
  • バジリコ
3.58
  • (15)
  • (10)
  • (25)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 165
レビュー : 27
  • Amazon.co.jp ・本 (257ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862381002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とても美しい、幻想小説だった。

    幻想と現実のヴィジョンの境目はなく、血も髪も氷も、凄惨で美しい。
    生死に大した意味がなく、痛みと恐怖と幻想の世界に、ただただ浸かっていた。
    他のも読みたい。

  • なんかすごい!! 何度も再読したい。 (幼並感)

  • あるとき、世界規模の異常気象が起き、かつてない寒波が人々を襲う。氷の力に屈して滅びてゆく国々。生き残った人々の絶え間ない抗争。主人公の「私」は、とある国の重要機密に携わる身だ。しかし迫り来る人類の終末を目前に任務を離れ、己の心の欲するままに旅を始める。その旅とは、かつて愛した一人の少女を追い求める旅だった。白銀の髪と華奢な肢体。か弱く孤独な彼女は、男から男へと流れ流されて生きている。
    虐待されて育った少女の犠牲者のような表情がそうさせるのか、少女の庇護者は常に彼女の加虐者でもある。少女が「私」を捨てて夫に選んだ男性も、少女を拉致した「長官」も、暴力と高圧的な態度で少女を支配する。
    「私」は「長官」の支配力に魅了されつつ、彼の手から少女を助け出そうと奮闘する。そんな「私」の中にもまた、少女へのサディスティックな欲望は潜んでいる。男たちの少女への執着は、愛情というよりむしろ強迫観念的なもので、その点についてだけは支配関係が逆転していると言える。特に「私」の少女への執着心は病的なほどだ。男たちと少女、加虐と被虐の危うい関係が燠火のように行間を焦がす。そしてその火をも消し去ろうと忍び寄ってくる氷の存在感が寒々しい。
    苛烈に凍てついてゆく現実世界と、「私」が頻繁に陥る退廃した幻視の世界。交互に現れる二つの世界が織り成す物語は氷雪のタペストリであり、倒錯した愛のファンタジーでもある。無国籍で綴られる上、主人公たちに名前も個性も付与されていないため、寓話としても読める。奔放に行動する「私」の資金や移動手段が決して尽きないのは、現実にしてはあまりにご都合主義。
    しかし、この物語の真の主人公は世界を覆う氷であり、リアルであるべきは氷がもたらす終末のヴィジョンだけなのだと、読後に納得した。
    翻って私たちの現実世界を眺めれば、温暖化が叫ばれる昨今だ。しかし映画『デイ・アフター・トゥモロー』で描かれたように、温暖化の後に氷河期がやってくるという学説もあるという。学説が正しければ本書は予言書ともなるだろう。終末が迫るとき、人は最も自分の心に忠実になる。そんなシンプルな真実も、再認識させられる。

  • 私の理解力が低いのか、よくわからなかったというのが正直な感想。
    美しいとは思う。
    現実と幻想が入り乱れてるような感じで混乱。
    頑張って読み切っては見たが…

  • 2017.09.21 図書館

  • 正直に言うと、おもしろくもないし、見せ方も下手だと思う。バラードの絶賛が嫌味かと思えてしまうぐらいに。

  • 真夏のクソ暑い時に読むのに、なんと寒々しい小説だったことか。雪と氷に閉ざされたディストピア小説。
    カフカと並べられる作家だが、カフカの迷宮をさらに濃くし、幻想に迷いんだようだ。センテンスごとにどこへ向かっているか分からなくなる。
    非常にユニークで、孤高の作家性があるが、「うまい」という感じはない。銀髪の儚げな少女を助け出そうとするプロットは時に稚拙で時に破綻しているようにも見える。カフカが小説を発表せず書き溜めていたように、アンナ・カヴァンも生前に成功した作家ではない。パーソナルに、自分の内なる闇とイマジネーションを吐き出すための作品という印象がある。それ故に、救いの王子のファンタジーとは程遠く、無力・無個性な少女の蹂躙といった暴力性までもが行間から溢れ出す。この無防備さはカヴァンの魅力である。

  • 文庫版まで出た、というので読んでみたのだったが、主観的で見通しのきかない世界に終始している感が強い。虐待された過去を持つアルビノの少女を、二人の人物が、一方は自分のものにしようと他方は救出しようと繰り返すのだが、実はどちらの人物も「私」なのでは、ということに早い時点で気づかされる。作家自身の持つオブセッションにつき合わされているようで居心地が悪い。他者というものが存在しないエゴセントリックな世界になじめない読者であるこちらの方が、所詮縁なき衆生なのかもしれない。

  • 迫りくる氷に怯えながら一人の少女を探す男の物語。

    少女と迎えるデストピアは彼にとっての一つの希望なのでしょうか。

    ひえびえとさせてもらった海外文学バーテンダーさんに薦めていただいた一冊。

  • 氷に覆われていく世界。追い求める相手は逃げ、災難は払っても払っても降り注ぎ、理不尽に巻き込まれ。
    読んでてもちっとも楽しくならないのにどんどん引きずりこまれる。陰惨というほどの積極性のなさはこの作者の持ち味か?
    イメージはバラードの「~世界」系ですが・・・「~世界」は、あくまで変容していく世界が主人公(?)で、
    登場事物たちがそれにひきつけられていくのに対し、
    「氷」では世界の異変より個人の事情が優先するのが
    21世紀の現代的過ぎて不気味。

    「ちょっとー、地球が大変なことになっているんだよー、放っておいていいのー?」って。というか、「主人公張っているんだったら、もっと世界と関わろうよ、君ら」みたいな。

    改訂版ですが、小奇麗過ぎる装丁がちょっと無神経。

全27件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1901年フランス生まれ。不安と幻想に満ちた作品を数多く遺した英語作家。邦訳に、『氷』(ちくま文庫)、『アサイラム・ピース』(国書刊行会)などがある。

「2015年 『居心地の悪い部屋』 で使われていた紹介文から引用しています。」

氷のその他の作品

氷 (ちくま文庫) 文庫 氷 (ちくま文庫) アンナ・カヴァン

アンナ・カヴァンの作品

氷を本棚に登録しているひと

ツイートする