せいぞろい へんないきもの-世にも奇妙な生物グラフィティ

著者 :
制作 : 寺西晃 
  • バジリコ
4.19
  • (19)
  • (12)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 154
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (273ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862381309

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世の中にはいろんな生き物がいるんだなと
    改めて思った本。

    著者の生物に対するコメントが面白い

    次から次へと面白い生き物が出てくるので
    飽きずに読めました。

  • この本は、地球にいる色々なへんないきものを紹介する図鑑のような本なのだけど、筆者のいきものの紹介文がいちいち笑えるので楽しく読める。
    またこの本のいいところは生物が写真じゃなくて絵で紹介されているところ。しばしば虫の写真というのは気持ち悪いのである!この本では気持ちの悪い思いをするのは絵を描いている人だけなので感謝である。

  • 小学生読めるようルビふってほしい(T_T)

  • 面白い! 見開きで1種、説明1ページに画が1ページ。 確かに変なやつらばっかりで、モノクロながらもリアルでコミカルな画がよくできてる。そして、そこにつく説明が皮肉めいたもの、風刺、シャレを効かしたものとくすっとさせるような紹介。とても読みやすい。こんな画冗談だろ~と思ってネットで調べると、本当にそんな生き物の写真とか出てきてびっくりしちゃいます。世の中広いなあ。

  • 世界中に不思議な・変な生き物っていっぱいいますね。別にジャングルの奥や深海を探さなくても、すぐ身近にいる生き物であっても、実はすごく変だったりします。変・・・・というよりは、その名前の由来や生態が特徴的なものが多いですけどね・・・・。

  • いつ読んでも笑える!生きる勇気がわいてくる!

  • 面白い☆
    なんでこんな進化をしたんだろ?
    自然ってスゴイ!
    イラストがモノクロなのがもどかしい(+_+)

  • へんないきもの出たー!!大好きだ。
    自然界はすごいね。

  • 珍しい 変な生き物も 面白いけれど、文章がすごく
    ツボにはまりました。生物以外の雑学もでてきて
    飽きずに読むことができる一冊だと思います。

  • 文庫になったら買おうと思っていたけれど。
    ……何かみんな普通に知っているもんだと思っている生き物もメジャーじゃないようで残念です。

全16件中 1 - 10件を表示

プロフィール

1965年、東京都生まれ。多摩美術大学グラフィックデザイン学科卒業。『へんないきもの』『うんこがへんないきもの』など著書多数。twitter:@phagetypet40

早川いくをの作品

せいぞろい へんないきもの-世にも奇妙な生物グラフィティを本棚に登録しているひと

ツイートする