The Art of ベイマックス(ジ・アート・オブ ベイマックス)

制作 : 高木 了  ドン・ホール  クリス・ウィリアムス  倉下 貴弘(studio Lizz)  河野 敦子 
  • ボーンデジタル
4.44
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 35
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (160ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862462541

作品紹介・あらすじ

『ベイマックス』に使われたスケッチ、ストーリーボード、カラースクリプトなどの幅広いコンセプトアートと映画制作者のインタビューを掲載、画期的なアクション満載のアドベンチャーのメイキングを紐解きます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ピクサーで働くような人はデッサンはもちろんロゴデザインとか何から何までうまいんだなあ!
    そんな中に日本人もいて、日本人だからこそベイマックスができあがったであろうことも考えると、誇らしくなる。
    すごさは伝わってきて結構感動したけど、この本のデザインと和訳しましたって感じの説明文が魅力を減らしてる感じがして残念。たぶんまだまだもっとたくさんすごいところがあったにちがいない。

  • 少しでもデザインのカラム仕事をしている人すべてにおすすめ。

  • ちょっとお高いけど、ディズニーのクリエーターの試行錯誤が見られるのは興味深い!
    日本文化、ヒーロー物というディズニーにとっては比較的馴染みが薄い要素をどのように取り入れたのか?
    しかも、この作品は主人公が科学オタクなのだ。
    複数のキャラクターデザイナーが、それぞれ自由で奇抜なデザインを持ち寄って収斂していく様を想像するのは面白い。
    伝統的なサムライの日本と、テクノロジーとサブカルチャーの日本、この2つをどう上手く処理するかに苦心した様子が見て取れる。
    ヒロは外見を可愛くしすぎたんじゃないかな?という気もする。別のデザインだとどんな感じか想像してみるのも楽しい。
    韓国系アメリカ人の人がかなり活躍しているのも興味深い。

全4件中 1 - 4件を表示

ジェシカ・ジュリアスの作品

ツイートする