霊魂の民俗学―日本人の霊的世界 (洋泉社MC新書)

著者 :
  • 洋泉社
4.00
  • (3)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (247ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862481368

作品紹介・あらすじ

列島に生活する人々が無意識のうちに持っている「神」と「霊魂」の世界。出産、七五三、初詣、葬式、祭り…、われわれ日本人は無意識のうちに霊的存在とのつながりを示す儀礼を受け入れ、生活している。本書は、日本古来より伝わる生活儀礼に着目し、その儀礼やしきたりの根幹にある日本人の「霊魂観(神観念)」を検証し続けてきた民俗学の泰斗、宮田登の講演記録である。「この世」と「あの世」の存在、また、その二つの世界を行き来するモノの存在を無意識に認める日本人独特の霊魂観とはどのようなものかを解明し、生活儀礼の根底に垣間見える日本人の「生」と「死」について考察する名著。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 僕にとっては読みにくい文章だったので、すらすら頭に入ってこなかったのだけれど、それでもいくつかの内容は興味深かった。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1936年、神奈川県生まれ。東京教育大学大学院日本史学博士課程修了。筑波大学教授などを歴任。著書に『ミロク信仰の研究』『民俗神道論』等多数。2000年逝去。

宮田登の作品

ツイートする