フランスの子育てが、日本よりも10倍楽な理由

著者 :
  • 洋泉社
3.74
  • (10)
  • (15)
  • (10)
  • (2)
  • (2)
  • 本棚登録 :101
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862483751

作品紹介・あらすじ

フランスでは教育費に税金や社会保障の負担として社会から広く集めたお金を使うのに対し、日本では子どもを持つ親が自らの蓄えをあてる。日本では親に十分な蓄えがなければ、子どもは大学へと進むことができず、社会階層の階段を上ることができない。かくして格差は固定する。

感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少子化を止めたフランスの事情を知れるかなと読んでみたが、それ以上に収穫のある本だった。タイトルに対する答えは完結には「政府の援助と社会の意識」によるものだけど、それ以外にフランスでの「親」としての意識、「結婚・非婚」に対する考え方、「父親の育児参加」についての取り組みなど、ものすごく目からウロコの落ちる内容だった。フランス式を押し付けるわけでもなく、淡々とフランスの現実を書いているが故に読みやすく、また日本との違いがはっきりわかる。

  • 元フランス在住、子育てライター(男性)のフランス子育て事情ルポ。
    自身が苦労した経験から、何故フランスは子育てしやすいのか?出生率が高いのか?を書いている。

    「女性が子供を産んでもそれまでとほとんど変わらない生き方ができるのがフランス」という言葉にフランスの社会保護の強さを感じた。

    確かに日本は「大きな政府」から「小さな政府」になることで、社会福祉に手が回らない、自己責任の傾向が強い社会になってしまった。

    社会のセーフティーネットを考え直す機会になった。

  • このジャンルでは珍しい男性視点の『高幸福度・高出生率』の本。
    男性ならではのクリアな切り口で、数字やグラフが満載。
    理論的に日本とフランスの違いを知ることができます。
    値段分の価値あり。
    男性の方で少子化問題・社会問題の国間比較をしたい方に特にお薦めです。

  •  子育てと労働を中心として日仏を比較しており、読めば読むほど暗くなる本。

     政府から支援は欲しいけど税金負担は嫌がる国民、日本に蔓延する「自己責任」、アメリカよりもひどい所得格差(さらには男女差別)などなど・・・
     もうやだこの国・・・そうだ、フランスへ行こう!!

     ・・・もちろん、フランスがユートピアなわけではなく、多くの問題を抱えているのは事実であり、著者も認めるところである。
     女性だけではなく男性にも読んでもらいたい本。いや、男性が読んで考えなければ日本の生きにくさを変えることはできないのではないかと思った。

  • 働く、家庭を持つ、ということについて、考えた私の原点の本かも知れない。内容はそんなに覚えていないんだけど、日本って、全然子育て出来る環境じゃないんだ!という衝撃を私に与えたということで、★5つ!

  • インタビューと豊富な資料をもとに、フランスが如何に子供を育てやすい環境であるかを紹介した本。なおタイトルにある10倍の根拠は書かれていない。
    しかしインタビューは複数の子供を持てた家族にのみ焦点があたり、そうではない家庭の紹介はなく公平性を欠いている。多産の移民問題も殆ど触れていない。
    また日本へのまともな提言はなく、「ふ~ん」で終わるレベル。

  • 2012/4//4読了。フランスと日本の制度や意識の違いを比較することで、日本での出産・子育て、ひいては生きにくさの構造が理解できる。仕事と育児の2者択一ではなくて、この二つの両立がとれている条件が、幸せにつながるのではと考えさせられる。

    フランスで出生率が高い要因は、所得格差が低い、男女間働格差が低い、労働時間の短さであること。フランスでは1970年代政策的に共働き家族へ移行してきた(育児休業法、妊娠採用拒否禁止、男女平等賃金)。日本においてはいまだにサラリーマン+専業主婦=標準家族としてあるのは、日本が政策的にそういう設定をしてきたから。

    日本は新自由主義的な方向に向かっていること。高度成長期日本は終身雇用として企業が福祉に手厚かったけれど、今はその余裕もなくなり国も企業も対応しきれず個人に負担がのしかかり、子育てにおいて犠牲にするもの失うものが大きすぎること。フランスは社会主義的で所得の再分配を進めることに力を入れているが日本ではそうではないこと。日本はOECDの調査によれば先進国第二位の貧困大国であること。競走と自己責任を強いられる国と、社会的連帯を歓迎する国の違いを感じる。

    その他フランスの事情。大学まで公立学校の学費無料。3人の子供がいれば大家族として手厚い支援。デモとストが日常的にあること。日常の不便さよりもストを起こす会社の労働者のためならば我慢するという国民の意識があること。婚外子が5割あること。

    1980年代に日本は消費税を導入し、所得税や法人税の税率を引き下げたこと。富裕層の負担を軽くし市井の人の負担が上がったこと。その結果、1990~2004年の間に法人税の税収額は44兆⇒23兆に半減。消費税は4兆⇒9兆に倍増。

    出生率を挙げる為の著書の提言は2つ。
    1)派遣法の改正をして、1999年以前にように専門職に限り認め正社員を増やすこと。
    2)増税をして社会福祉の充実を図ること。増税の優先順位は、所得税、相続税、法人税。最後に消費税。消費税を上げることは所得格差を広げ子供の貧困率を高め少子化につながること。

  • フランスでは女性でも働くことが当たり前で

    専業主婦になりたい女性もほとんどいない

    しかも日本のように仕事をしたいから結婚はどうしようか、子供はどうしようか、

    と考えることもほとんど無い

    やっぱり背景にあるのは

    各国の歴史や政府政策によるところが多いんだけど

    女性や男性関係なく、マズローの欲求段階説の言葉を借りると

    人の欲求の「自己実現の欲求」はだれにでもあり

    その欲求を世の中が押さえてはいけないのではないだろうか・・・

    と、思ってしまった本

    日本で当たり前だと思い込んでたことは

    実は思い込まされていたことであったり

    日本の女性、男性ともにもっと自由に結婚や仕事や

    子供のことを考えてもいいのではー

    著者が研究した内容ではないので

    いろんな参考文献のまとめという感じだけど

    こういう問題を男性からの視点で書いてあるのでおもしろかった

  • フランスでの子育て環境が、日本に比べてあまりにも素晴らしく、羨ましくなってしまった。
    公立を選択すれば、3歳から大学を卒業するまで無料で通わせることができる。
    例え、シングルマザーだとしても、子どもの教育に関しては不安はない。
    日本では、子ども1人を大学まで行かせると2000万という信じられない費用がかかる。
    結婚していても、夫の収入により、子どもを産むことを躊躇する悲しい現実にため息が出る。

  • フランスの子育て、勉強になります。まったく違う価値観の世界

全18件中 1 - 10件を表示

横田増生の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
宮部 みゆき
高野 和明
三浦 しをん
ヴィクトール・E...
ジェームズ アレ...
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

フランスの子育てが、日本よりも10倍楽な理由はこんな本です

フランスの子育てが、日本よりも10倍楽な理由を本棚に登録しているひと

ツイートする