石原慎太郎よ、退場せよ! (新書y)

  • 洋泉社
2.88
  • (0)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862483911

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    老害を撤き散らすだけなら退場せよ!
    無責任体質全開の新銀行東京問題、花道にしたいだけの東京オリンピック招致、差別発言とともに進む社会的弱者切り捨て政策、教育現場から教員までもが逃げ出す教育改革、そして身内に甘いだけの人事と処世術…。
    この十年、新自由主義とナショナリズムの波に乗り、東京に君臨してきた「小皇帝」石原慎太郎だが、「時代に求められた男」の賞味期限はもう切れている。

    [ 目次 ]
    第1章 「小皇帝」石原慎太郎の本質(吉田司、歌舞伎町で職質される!? カラッ風吹く歌舞伎町 歌舞伎町・渋谷・秋葉原が変質した ほか)
    第2章 石原都政が東京に残した傷跡(福祉は贅沢!? 止まらない障害者への差別発言 新自由主義的弱者切り捨て政策の推進 ほか)
    第3章 石原慎太郎への退場勧告(「嵐を呼ぶ男」として再登場したのか 平等という価値観が薄らぐ時代 慎太郎を呼び出した新自由主義と大東京主義 ほか)

    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

  • 斎藤貴男さんの石原全否定っぷりがすごい。本当に相手にするのもイヤなんだな。

  • 石原都知事の数々の言動に、動揺、困惑を隠せないでいる人は多いと思うが、確かに、弱者は切り捨て、強者だけが生き残ればいいというような優勝劣敗の思想では困る。
    例え、後から言葉を濁したとしても「文明がもたらしたもっとも悪しき有害なものはババア」発言は忘れることはできないし、養護学校や偏差値の低い学校への対応も疑問である。
    何事も強者と弱者や自己責任などという論理にすり替えてしまう考え方に不安は高まる。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

1958年東京生まれ。ジャーナリスト。早稲田大学商学部卒業。英国バーミンガム大学大学院修了。『機会不平等』『ルポ改憲潮流』『消費税のカラクリ』『「東京電力」研究 排除の系譜』等、著者多数。

斎藤貴男の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする