今さら聞けないクラウドの常識・非常識 (新書y 223)

著者 :
  • 洋泉社
3.49
  • (7)
  • (27)
  • (23)
  • (7)
  • (1)
本棚登録 : 217
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862484505

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この分野の知識がほとんどなかったので勉強になった。

  • コンパクトにクラウド全般が概観できる。
    2009年時点のもの。状況はどんどん変わりつつある。

  • うーん。IT業界のスピードが速いだけに、内容がすでに過去の歴史になりつつあるという内容にならざるを得ない。その中で、アマゾン、グーグル、マイクロソフト、他の立ち位置を十分理解する材料になるかな。

  • クラウドの分類や活用どころなど参考になった。
    システム会社に勤めるものとしては、提供されているクラウド環境をどう上手く使って事業会社にシステム提案していくかというところを考えることにになる。
    ハードをもたない、アプリも出来合いのものを使うとなってきたときに何ができるか。

  • 版元からしてあまり期待していなかったのだが、いい意味で予想を裏切られた一冊。
    この本が出された2009年当時であれば間違いなく最先端の知識をこの分量でまとめていたに相違ないと思われます。NRIにもこんな方がいたんだな、という印象ですが、よくよく調べたらけっこう有名な方なんですね。
    先読み的なところのすべてが現在当たっているわけではないですが、まぁそれはそれ、インフラ面での大きなうねりはだいたいハマってきていると思われますし、知識の棚卸にも役立つ一冊です。

  • 基礎を知りたいと思って手に取ったが、自分がまだこの本を読むレベルに達してなかった、全然理解できないままとりあえず読み終わったという感じ。

  • 著者は城田真琴氏。

    タイトルの通りの心境でした。
    この時期のうちに、業界環境くらいは語れるようになっときたくて購入。
    大変助かりました。

    備忘録。
    ・そもそもクラウド・コンピューティングとは、インターネットを通じてサーバ等のITリソースにアクセスしてそれを利用すること。再確認。
    ・クラウドコンピューティングの主要な提供者(プロバイダ)はGoogle(300万台)、セールスフォースドットコム(1000台)、Amazon(10万台)。以上が先行企業だが、Microsoft、IBMとかも追随。
    ・プロバイダ向けにサーバーを開発し提供しているのが、デル、HP、Ciscosystem、SGI
    ・メリット:ユーザーは、設備投資が要らない、すぐ使える、運用管理はプロバイダ側、一時的利用が可能、リソースが実質無限
    ・デメリット:サーバー管理はプロバイダ任せのため、セキュリティ対策、所在地がユーザーには不明。安く簡便な反面、サービスレベル保証がやや低い。
    ・プロバイダの競争力は規模で差がつく。日本企業はサーバー規模と価格では勝負にならない。
    ・勝機の一つは日本企業の品質。安心さ。サーバーを冷やす電力が最大の運用コストだから、寒い北海道とかに巨大データセンター作りたい。


    単語がよくわからないんですよ。
    もう一冊くらいは読みたい。
    知ってる人教えて

  • クラウドの入門書としては、概念や発想についても解説した本。

    新書の啓蒙書と言うよりも、具体的なサービスの紹介と言った方がよいかもしれない。具体的なサービス等の説明もあるが、元々サービスにどのような区分けがあり、使っているのが、どのサービスなのかがわかる説明になっている。gmail ドロップボックス等の具体的なサービス名も出てくる。

    この本の具体例が分かれば、クラウドの概念もわかると思う。

  • 11年6月29日購入
    11年7月1日読了
    09年10月21日初版発行

  • クラウドとはどんなものかを具体的な例で説明してある。
    クラウドコンピューティングのメリットデメリットや各ベンダの取り組みなんかがわかった。

全39件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

城田真琴(しろた まこと)
野村総合研究所デジタル基盤イノベーション本部デジタル基盤開発部グループマネジャー/上級研究員
2001年に野村総合研究所に入社後、一貫して先端ITの動向調査と先端ITが社会に与えるインパクト等を調査・研究している。総務省「スマートクラウド研究会」技術WG委員、経済産業省「IT融合フォーラム」パーソナルデータWG委員などを歴任。

「2018年 『デス・バイ・アマゾン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

城田真琴の作品

今さら聞けないクラウドの常識・非常識 (新書y 223)を本棚に登録しているひと

ツイートする