Twitter社会論 ~新たなリアルタイム・ウェブの潮流 (新書y)

著者 :
  • 洋泉社
3.37
  • (69)
  • (247)
  • (346)
  • (72)
  • (18)
本棚登録 : 2088
レビュー : 309
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862484826

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 図書館でざざざーっと読んだ。

    情報の呼吸法を読んだあと、新著「動員の革命」はどうしようかなーと思っていたところだったので、新書スタイルだとどんな感じなのかみてみたくて、とりあえずtwitter社会論を読んでみてから考えようかなと。

    なるほどおもしろかった。
    情報の呼吸法と同じく、内容はそんなに目新しいことでも「こりゃすごい!」という感動が得られるわけでもないんだけど、いま(今って言ってももう2009年の本)Twitterで何が出来るのか、これから何が出来るのかをとても丁寧に提案している。

    その上で、なぜそれが可能になったのか背景などを詳しく解説している。とても説得力ある。



    特に参考になった、今後考えてみたいテーマメモ。

    ・tsudaる、メリットとデメリット
    ・ツイッターは政治にどのような影響を与えるのか
    ・報道的ツイッターの使い方、各々の得意分野で監視作業を行える

    おもしろかったので動員の革命買おうかと思います

  • この本が出版されたのは、2009年11月で、
    現時点では、かなり状況は変わっていると思いますが、
    なかなか面白い内容でした。

  • 「twitterって何」って人に聞かれても「こんな感じ」としか答えれなかったけど、コレを読み終わったあとは、きっちりと説明できるようになる。「技術的な目新しさではなく、"つぶやき"というtwitter側の問いかけがユーザーのモチベーションを大きく変えた」という所がおもしろい。あとは「倍々ゲームのような伝搬力」も新しいインフラとしてメールや電話にはない要素になり得る可能性があるという筆者の考察にも共感できる。

  • 縺薙l繧ゑシ灘ケエ蜑阪↓螢イ繧後◆繝?う繝?ち繝シ譛ャ縲り送閠??豢・逕ー豌上?逶エ霑代?譛ャ縺後う繝槭う繝√□縺」縺溘?縺ァ縲後←縺?°縺ェ縲阪→諤昴▲縺溘i縲√%繧後?莉願ェュ繧薙〒繧よ眠魄ョ縲よ帆豐サ繝サ邨梧ク医°繧峨Γ繝?ぅ繧「隲悶↓閾ウ繧九∪縺ァ險?蜿翫@縲√?檎、セ莨夊ォ悶?阪→驫俶遠縺、縺ォ蛟、縺吶k蜀?ョケ縺?縲ゅヤ繧、繝?ち繝シ鮟取?譛溘°繧峨ン繧キ繝薙す繝?う繝?ち繝シ繧剃スソ縺?%縺ェ縺励▽縺、縲∽サ翫?迥カ豕√r蜈郁ェュ縺ソ縺励※縺?◆縺ィ縺ッ縲ゅ〒繧ゅ?√ヤ繧、繝?ち繝シ縺ォ繧医k螳滓ウ∽クュ邯吶?鬲√?豢・逕ー豌上□縺後?√◎縺ョ繝?う繝?ち繝シ縺ョ螳滓ウ∽クュ邯吶?縺薙→繧偵?荊suda繧九?阪→縺?≧蜻シ縺カ險?闡峨?蛻晁?ウ繝サ繝サ繝サ縲ゅ◎繧薙↑縺ォ荳悶?荳ュ縺ォ譎ョ蜿翫@縺ヲ縺?k險?闡峨↑縺ョ縺九@繧会シ

  • 電子書籍版を読了。Twitterの魅力とその価値を余すところ無く伝える本と思う。ワクワクして、やってみようという気持ちと、自分をさらけ出すのは怖いという気持ちがないまぜになった。Twitterをやる前に一読を勧めたい本である。電子書籍版で、対談や後書き、音声コンテンツも入り
    お得感はかなりある。しかし、この電子書籍アプリの使いにくさはなんとかならないのだろうか?読了までに、何度アプリが落ちたことか。。。

  • 言わずと知れた津田大介さん渾身のtwitter本。ある程度使い込んだ人でないと、この良さと意味が伝わりにくいかも知れない。

  • Twitter関連で一番よく売れていると聞いたので良く思えるのか、それとも実際に内容が良いのか。
    たぶん後者なのだろうと思う。
    たくさん読んだけど、結局これ一冊だけで済んだかも。

  • tsudaる、って知らないけど、今も使われているのか?

  • Twitterブーム火付け役の本。特性をうまく説明している。

  • ツィッターはオープンと制限の絶妙なバランス!
    140文字に制限することで広がった世界。個々が発信する時代の可能性を改めて感じた。

著者プロフィール

1973年生まれ。東京都出身。早稲田大学文学学術院教授。メディアとジャーナリズム、著作権、コンテンツビジネス、表現の自由などを専門に執筆活動を行う。近年は地域課題の解決や社会起業、テクノロジーが社会をどのように変えるかをテーマに取材を続ける。主著に『情報戦争を生き抜く』(朝日新聞)、『ウェブで政治を動かす!』(朝日新書)、『Twitter社会論』(洋泉社新書y)、『動員の革命』(中公新書ラクレ)、『情報の呼吸法』(朝日出版社)、『「ポスト真実」の時代』(日比嘉高と共著、祥伝社)など。世界経済フォーラム(ダボス会議)「ヤング・グローバル・リーダーズ2013」選出。第17回メディア芸術祭エンターテイメント部門新人賞受賞。「あいちトリエンナーレ2019 情の時代」芸術監督。

「2019年 『あいちトリエンナーレ2019 情の時代 AICHI TRIENNALE 2019:Taming Y/Our Passion』 で使われていた紹介文から引用しています。」

津田大介の作品

ツイートする