川跡からたどる江戸・東京案内

  • 洋泉社
3.13
  • (0)
  • (3)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (222ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862486639

作品紹介・あらすじ

銀座、日本橋、築地などの周囲にあった川や運河、数多くの支流があった神田川や渋谷川…。消えた川・消えた地形・消えた地名をたどれば、いままで知らなかった東京が見えてくる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東京の昔の道や街の様子が大好きな私。この本は川をフューチャーしているところが新しい。

    特によく行く渋谷についての記述が多く、興味深く読んだ。宇田川町という名の通り、川が流れていたことは知っていたが、スクランブル交差点あたりに橋があり、センター街へと流れていたとのこと。あの道路が川だったと思うとなんとも情緒がある。

    江戸はベニスのように川によって物が運ばれていたらしい。その拠点が江戸城だった。日本橋、京橋、新橋など、橋という名前が都内に多いのも納得。戦争のがれき捨て場として川が埋め立てられ始め、オリンピックを境にほぼ今の形に川が道路に変わったという。そんな遠くない昔には、東京のあちこちに川が流れていたということになる。

    東京でよく行く街、住んでいる街が載っていたら、是非読んで欲しい一冊。道を見る眼が変わる。

  • 東洋のベニスとも言われた(らしい)江戸がどれだけ川やお堀、入堀が多かったかを語っている本です。
    今思うと残念なことに、それらの殆どが関東大震災、東京大空襲のガレキの処理で埋め立てられたり、工場や生活排水になって暗渠になったり、東京オリンピックで高速道路の下になったりしたかがわかります。
    代表的なのが、映画「三丁目の夕日 Part II」とか「麒麟の翼」で取り上げられた日本橋。昔は日本橋から富士山が見えたのに、今は高速道路の下にひっそりと眠っています。
    ただこの本にある昔の地図の縮尺が大きすぎて、それだけだとどこにお堀や川があったのかわかり辛く、この本を読みながら、同時に「東京時代MAP 大江戸編」(これはすぐれもの)とか昭文社の「東京23区」を参考にする必要がありました。

全2件中 1 - 2件を表示
ツイートする