心を落ち着ける どこでも坐禅

著者 :
  • 洋泉社
3.62
  • (3)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 37
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862486646

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 座禅初心者入門書です。

    この書を手に取って「座禅でもやってみようかなぁ~。」と思ったのなら、すでに悟りを開くための心の準備はできていると東禅和尚さんはおしゃっています。

    実際に座禅会に行かなければ自己流になってしまいますね。

    心の落ち着きや、研ぎ澄まされた感覚のようなものを得られるようになりたい。

  • 何をさせたいのだか。座禅の定義がゆらぐ

  • 坐禅は仏教式の自律訓練法みたいなもんだよな。座らなくても、日々そのものが、修行であり生活。

  • ◯本の紹介
    ・座禅の基礎知識から日常の合間にできる座禅の方法を紹介。

    ◯読書メモ
    ①調身(姿勢を調える)
    ②調息(呼吸を調える)
    ③調心(心を調える)
    ・p57 ものごとをありのままに受け止める
    ・こだわり(執着)を持つと視野が狭くなって、ものごとが見えなくなる

    ◯考えたこと
    ・ものごとをそれはそうとして受け入れるのは難しく、どこかに自分の感情が入ってしまう。そこをありのままに受け止めることでストレスを消すというのは理にかなっていると思った。
    ・やっぱり呼吸は大事らしい。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1939年静岡県生まれ。駒澤大学大学院修士課程修了。曹洞宗教化研修所研修所員、同所講師、主事、曹洞宗総合研究センター教化研修部門講師等を務める一方、大正大学、武蔵野大学等の非常勤講師(死生学、生命倫理等)、「南無の会」副総務、可睡斎僧堂後堂、京都市・龍宝寺住職等を歴任。

「2017年 『縁を生きる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中野東禅の作品

ツイートする
×