渡辺京二傑作選③ なぜいま人類史か (新書y)

著者 :
  • 洋泉社
4.25
  • (3)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (299ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862487704

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 1980年代の講演録。

    著者の姿勢をよく表している一節
    <blockquote>先行する時代構造のパラダイム、たとえば倫理や伝統といったカテゴリーから自分は自由だなんて自慢したって、そんなのは、自分が現代という時代構造に安住しているということの告白でしかありません。 p.37</blockquote>
    アジア的共同体・・・国家を上級に疎外して干渉を免れる。二重所有。
    江戸時代日本の「国民不在」・・・長州藩の農民が外国軍の弾運びを手伝う。

    1.なぜいま人類史か
    1986年に健軍の真宗寺で行われた2回の講演より。ネオダーウィニズムからきた進化のランダムネスを唱える社会生物学を否定して、人類史を貫く法則・必然性があるはずだと説く。それがなければ人間は永遠に「天地生存」の実感を得られないと。

    2.共同体論の課題
    ここから1980、1年の福岡での公開講義より。マルクスの共同体論(アジア、ギリシア・ローマ、ゲルマン)の解釈について。古来、人間は共同体の一員としてしか存在し得なかった。共同幻想体。それを近代資本主義が「個」へと解体した。

    3.外国人が見た幕末維新
    『逝きし日の面影』の原型。なんともボンヤリした幕末の日本の平民。しかし、その目の中に炎が燃えているというゴンチャロフの観察。

    4.明治維新をめぐる考察
    マルクス主義歴史学のくだらん論争をバッサリ。維新の担い手は下級武士層しかいないだろうと。こんな議論は時代を感じさせる。圧倒的な外圧への対応を迫られたのが明治維新。近代資本主義という普遍的な流れに強姦された幕末の日本。下級武士は領主層ではなく官僚であったことが、彼らを革命の推進者たらしめた。

  • 2012/5/1購入

  • 渡辺京二の著作を読んでいると、吉本隆明とのシンクロする部分が多いと感じる。
    御両所とも、その独自の思想を展開している点において、である。
    以て範としたいと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1930年、京都生まれ。大連一中、旧制第五高等学校文科を経て、法政大学社会学部卒業。評論家。河合文化教育研究所主任研究員。熊本市在住。主な著書に、『北一輝』(ちくま学芸文庫)、『黒船前夜』(洋泉社)、『幻影の明治』『父母の記』(いずれも平凡社)などがある。

「2018年 『幻影の明治 名もなき人びとの肖像』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺京二の作品

ツイートする