炭酸水の底 ~今日マチ子作品集2007-2011

著者 :
  • 洋泉社
4.53
  • (26)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 209
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本
  • / ISBN・EAN: 9784862487711

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2007 - 2011までの今日マチ子さんの作品集。

    大好きなカットから見たことのないカットまで
    どれも素敵で何度見ても飽きない♡

    日常のふとしたなんでもない場面に
    はっとさせられる4コマにも圧倒されられるけれど、
    1枚の絵の中にもたくさんの物語や感情が
    込められていて、眺めるほどに新しい発見が。

    バラの香りの石鹸、バラの香りのクリーム、
    バラの香りのリップをつけた女の子。
    窓からのバラの花びらを含んだ青い風が揺らす
    お風呂上がりに髪に巻いたタオルが
    花嫁さんのベールのようでロマンチック。

    叙情的で文学の香りのする今日マチ子という世界。

  • 1ページ1ページをめくるのがもったいないような、たまらなく愛おしいような・・・。
    一生手元に置いておきたい作品です!

  • 絵が好き。
    オチも好き。

  • 作品集なので一貫したストーリーはないけれど、1コマとか短いものばかりなのでさくさくページをめくれる。今日マチ子さんはストーリー漫画よりもセンネン画報が好きな私には良かった。

  • 色も雰囲気もだいすき。

  • 結構エロいんだよね。あと一歩を埋めたい文化系カップルは一緒に読むといい。

  • 今までで 一番 余白が美しいと思った
    センネン画報でも見覚えのある絵も何点かあったけど
    紙面で見る方が素敵でした

  • 新鮮

  • 大好きな今日マチ子さん。センネン画報未収録作品、装丁画などを収録した作品集。ファンにはたまらない一冊です。タイトルも、すごく良い。マチ子さんの作品は、記憶を思い出させてくれる泡のようで。

  • 何故、今日マチ子氏が描く人物は
    圧倒的に少年少女が多いのだろう。
    それも小、中、高、たまに大学生。
    そして何故彼、彼女らはこんなにも透き通り、壊れやすそうなのだろう。他人を求めずにはいられないけど、独りにしかなれない。余白が多いほど、つまり彼女たちが独りになればなるほど、その存在が浮き出てくる。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。マンガ家。『センネン画報』でデビュー。2014年に第18回手塚治虫文化賞新生賞、15年に日本漫画家協会賞カーツーン部門大賞を受賞。著作に『みかこさん』『cocoon』『いちご戦争』『百人一首ノート』など。

「2018年 『吉野北高校図書委員会 3』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今日マチ子の作品

炭酸水の底 ~今日マチ子作品集2007-2011を本棚に登録しているひと

ツイートする