自動的にお金が貯まる習慣

著者 :
  • 洋泉社
3.71
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862488961

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014、10、28
    貯金、最低でも手取りの10パー
    固定費は手取りの40パー以内
    保険の話。

  • 吹田の著書。タイトルはお金を貯めるとありますが、実は、自動積立など仕組みを作ってしまうと、あとは貯めることから目を離し、自分のやりたいことへ、お金を回せるということを意図しています!

  • なんというか、これは、お給料をもらえるようになって、初めて親元から自立します。お金ってどうやって貯めるんですか?・・・という若い(多分)人向きの本です。家賃は収入の何割におさえましょう、先取り貯金しましょう、という。
    Amazonのレビューが軒並みよかったので、購入してしまいましたが、あれはやらせなんだろうか?

  • チェック項目7箇所。お金はその人の価値観や行動パターンを映し出す鏡である。貯金を始めるときに大切なのは無理をせずに長く続けられるコツを知る事。毎月貯めるお金=手取り収入の10%。クレジットカード決済で一番いけないの明細が来るまでひと月いくら使ったかわからないということになりがちなこと。家計簿の本来の目的はお金の流れをチェックして必要な支出や貯金にちゃんとお金が回っているかどうかを確認すること。未来志向型、お金を貯める目的をしっかり決め夢に日付を入れてみる。積み立ては小額でも良いから早くスタートするその方が実績ができて自信につながる習慣化する。

  • いっき読みしてしまいました。
    普段から家計簿もつけてるし、定期的にある程度の貯金はできているつもりなのですが、「なんか不安・・・」という気持ちがいつまでも消えませんでした。この本を読んで、「なるほど、こうすればもっとすっきりするのか!」と分かり、さっそく実践してみたいと思います。

全5件中 1 - 5件を表示

吹田朝子の作品

ツイートする