あなたの知らない埼玉県の歴史 (洋泉社歴史新書)

制作 : 山本 博文 
  • 洋泉社
2.67
  • (0)
  • (1)
  • (5)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 39
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (189ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862489128

作品紹介・あらすじ

県名が「埼玉」となった由来は?川越が「小江戸」と呼ばれるようになったのはなぜ?大宮が「鉄道の町」、川口が「鋳物の町」になったのはなぜ?Q&Aで郷土の歴史がスッキリわかる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2014年4月~5月 企画コーナーにて展示

    越谷OPAC : http://kopac.lib.bunkyo.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=1000863282

  • 埼玉県に関する内容よりも印象的だったのは、『業平橋駅』が『スカイツリー駅』(東京)に名を変えてしまった事に関しての、憤りをあらわにした個所。

    いやなんだ……そんなに、いやなんだ……。

  • 埼玉県の史跡や埼玉出身の武将や豪族などの活躍をまとめた本。

    正直、古代~戦国時代までの内容は難しいです。
    大学受験の日本史レベルを超えてます。
    知らない人物の話ばかりですが、
    鎌倉時代以降は、有名な戦いに埼玉出身者の多くが
    参戦しているということは分かりました。

    尚、江戸~近代のあたりの話は結構面白いです。

    草加せんべいや狭山茶の成り立ち
    なぜ県庁所在地が浦和なのか?
    なぜさいたまって読むのか?

    とかです。

    まとめると古代より、埼玉はずっと東京とともに
    歴史を歩んでいるという感じです。

  • C0221 埼玉県というせいか、ネタがしょぼいです。ネタを削ってでも地図を入れて説明してくれたほうが良かったです。Q61での石黒忠悳氏ですが、入った当時は兵部省ですが、1879年だと兵部省は存在しないです。

全4件中 1 - 4件を表示
ツイートする