映画秘宝EX 鮮烈!アナーキー日本映画史1959~1979 (洋泉社MOOK)

  • 洋泉社
4.13
  • (6)
  • (6)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 69
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784862489180

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ギンティ、柳下毅一郎(ガース)、藤木TDC、中野貴雄(地獄女史!!)、中原昌也(暴力温泉芸者)等、お馴染みのライター陣。
    やはり、秘宝はこうでなくちゃ!!
    第2弾にも期待。
    その際には杉作J太郎、藤原章(ちんぷい)にも執筆してもらいたい!

  • 作品紹介の合間に当時のプチブームだとか、監督紹介だとかが挿入されていて、自分の場合は見たことのある作品の紹介文と、知っている監督の解説を中心に読みました。自分の知力に問題があるんだと思いますが、見てない作品の評論読んでも全然ピンとこないんです。時代性とか人脈からってなると別の話なのかもしれませんが。寺山修司のところで三谷幸喜が厳しく非難されていて、とばっちりぽいですけど映画界隈とは恐ろしいところです。

  • 「赤い天使」と「黒い10人の女」が気になる。

  • 『独立愚連隊』から『太陽を盗んだ男』まで! 読んでると燃えてくる偉大なる60~70年代! ㊙色情めす市場は本当に最高の映画だ。

全4件中 1 - 4件を表示

映画秘宝EX 鮮烈!アナーキー日本映画史1959~1979 (洋泉社MOOK)を本棚に登録しているひと

ツイートする